Mac パソコン

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)の天板にオリジナルのかっこいいスキンシールを貼る前にイメージできるサイトがある

投稿日:

私はサブパソコンとして中古で買った2013年発売のMacBook Pro 13-inchモデルを使っています。MacBook Proの高精度アルミニウムユニボディは見惚れるほど美しくかっこいいけど、素のアルミニウムボディでは他人より目立ちませんし、アイデンティティをアピールできません。

ということで、「俺のMacBook Proは、君たちとは一味違うんだよ!」とスターバックスでドヤ顔するためにも、のアルミニウムボディの天板に個性がでるかっこいいオリジナルのスキンシールを貼ってみようかと考えてみました。

でもいきなり、頰ずりしたいほどのMacBook Proの天板にスキンシールを貼る度胸はありません。「あれ? スキンシールを貼ってみたけど、自分が思っているイメージと違うじゃん!」ということには絶対になりたくありません。

といことで、実際にスキンシールを貼る前に、自分のMacBook Proにどんなスキンシール似合うのか? イメージ通りのデザインになっているのか?を確認する方法を紹介します。

オリジナルスキンシール製作サイトで出来上がりイメージを見てみる

市販のMacBook Pro用のスキンシールを買うかまたは、画像編集ソフトやエクセルなどで自作したロゴやアイコンを市販のラベルシールにプリントしたスキンシールをいきなりMacBook Proに貼るのはやめたほうがいいですよね。

スキンシール作成にお金を払い、いざMacBook Proの天板にスキンシールを貼ってみたら、「イメージとは違う」とか「スキンシール貼らなければよかった」ということになる可能性はあります。

そのために、実際にスキンシールをMacBook Proの天板に貼る前にどんな仕上がりになるのか事前に確認するのが一番だと思うんです。

最初に思いついたのが、自分のMacBook Proの天板をスマホのカメラで撮影し、無料の画像編集ソフト(ブラウザベースの「PIXLR EDITOR」や「SUMO Paint」)でロゴやアイコンをデザインするのは敷居が高いので、オリジナルスキンツール製作サイトを利用してみました

オリジナルスキンシール製作サイト「CASE APP」で天板のイメージをつかむ

オリジナルスキンシールを製作してくれるサイト「CASE APP」に行き、自分の持っているMacBookの選びます。私が所有しているのは2013年のMacBook Proです。

パソコンでオリジンルのロゴやアイコンを作るのは私には敷居が高く、とても無理なので、無料イラストサイトよりクールでかっこいい素材をダウンロードしてきました。

私がよく利用しているのが、「イラストAC」という無料でイラストがダウンロードできるサイトです。

ダウンロードした素材をドロップします。

アップロードをした龍の画像が現行では光ることがないアップルのロゴに重ならないように配置しました。

龍の画像だけじゃいまいちクールじゃないとの「Cool Japan」という言葉を入れてみました。

CASE APP」サイトを使えば、たった10分程度でMacBook Proの天板をクールに演出してくれるスキンシールのイメージが出来上がりました。

まとめ

アルミニウムユニボディの素の天板のMacBook Proもかっこいいですが、自己主張・アイデンティティを求めるなら、クールでかっこいいオリジナルの天板にしたいですよね。

でも、きなり自作のスキンシールをMacBook Proに貼るのはどうもねっと踏ん切りがつかない人は、オリジナルのスキンシールを製作してくれる「CASE APP」で仕上がりを確認するのがいいですよ。

作成したオリジナルスキンシールが気に入ったら、購入ボタンをクリックしてもいいのではないでしょうかね。今回、作成したオリジナルスキンシールは2,900円+送料(350円)でした。手間ひまを考えると安いかもしれません。

 

 

-Mac, パソコン
-,

Copyright© ぺいさんの壁新聞発行中 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.