パソコン

ダイソーの300円USBミニスピーカーが思いの外、音質が良く大満足!【レビュー】

投稿日:

お元気ですか? どうも、ぺいさんです。

今回は、PC用にダイソーで売っている300円ミニスピーカーを紹介します。

MacBook Proの外部モニターとして普段使っているFRONTIER製21.5型液晶 FR2101にはスピーカーが付いていますが、ボリュームをMAXにしても音が小さく、映画のセリフが音が聞きづらく、どうにかならないものかと思案していたところです。

手元の映画のセリフが聞きづらいかったので、MacBook ProにBluetoothイヤホンを接続して聞いている現状です。でも、僕が持っているBluetoothイヤホンの稼働が5時間弱しか持たないので、毎回使うたびに稼働時間が気になり、少しずつストレスが溜まる状態です。

ネット上で一時話題になったダイソーの300円ミニスピーカーを買ってきて、液晶ディスプレイのスピーカーの代わりに使ってみた感想を紹介してみます。

DSC 0191

300円にしては音がこもらず、音域が広い

ダイソーやセリアで売っている100円イヤフォンやヘッドフォンは、音がこもり、音域が狭く、音楽を聴くのに耐えられないほどですが、値段3倍の300円ミニスピーカーが意外なほどの音がいいんですよね。

試しに、amazon musicでJAZZを聴いてみました。思っていたほど音がこもらず、音域も広く感じ、十分に音楽を楽しめるほどの音質に驚きました。バスドラの低音は肌で感じることができ、ピアノも音の広がりがあり、音の空間を感じます。

音の空間を感じるのは、ダイソーのミニスピーカーから発せられる音がこもらず、音域が広いってことです。

USBパワー出力なので、音が大きくでる

外部スピーカーを取り付ける理由として、外部ディスプレイのスピーカーの音が小さく、映画のセリフや音楽を聴いても迫力がないことです。

ダイソーの300円ミニスピーカーは、ただ単に、3.5ミリステレオミニプラグをイヤホンジャックに挿すだけではなく、別途にUSBケーブルが付いています。

そのUSBケーブルをMacBook ProのUSBポートに挿すことによって、3Wの出力が出るようになっています。

外部ディスプレイのスピーカーは1W出力な上、ディプレイの裏側にスピーカーが付いているので、なおさら音の小さく、音も聞きづらいというわけです。

ダイソーの300円ミニスピーカーを取り付けたことにより、出力が3倍になり、なおかつスピーカーは外部ディスプレイーの前面に設置され、スピーカーの向きも後ろから前になりました。これだけでも、音が大きくなり、聞きづらいということはありません。

ダイソーの300円ミニスピーカーの片方の裏側にボリュームのつまみがついています。

ミニスピーカーのボリュームつまみを最大にし、MacBook Proのイヤホン出力をキーボードで上げていくと、「音!うるさ!」というくらいに音が大きくなります。3Wのスピーカーだけはあります。

コンパクトなので、設置に困らないサイズ

外部スピーカーの設置位置にも悩みました。

パソコンデスクの上には、大きめのスピーカーを1セット置くほどのスペースがありません。必然的に、外部ディスプレイの前、自作モニタースタンドの上しかスピーカーを置くスペースがありません。

ダイソー300円ミニスピーカーの大きさは、幅63ミリ、高さ75ミリ、奥行55ミリとコンパクトサイズ。このサイズ感のスピーカーは、ヨドバシカメラやビックカメラのPCスピーカー陳列棚には置いてありません。

限りあるスペースにスピーカー1セットを置きたいなら、ダイソーの300円ミニスピーカーしか選択の余地がなかったわけです。

DSC 0196

まとめ

100円ショップで売っているスピーカーの音質なんて、聴くに耐えないものなんでしょう!なんて思っていましたが、高音質にこだわりがなければ、十分に満足できる音域と音質を誇るスピーカーです。

ダイソーの300円ミニスピーカーは、私の需要を満たす(・音量 ・音質 ・サイズ)ものでした。

久しぶりに「あたり!」と思える買い物でしたよ。

-パソコン
-, , ,

Copyright© ぺいさんの壁新聞発行中 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.