夫婦 生活全般

妻(夫)がいれば友達はいなくてもいいという理由【夫婦のあり方】【夫婦の良い関係】

投稿日:

Bocchian017 TP V

妻には時々ご飯を食べに行く知り合いは何人かはいますが、友達と呼べる人は一人もいません。

夫である僕は、プレイベートでご飯を食べに行く知り合いは一人もいません。

が、小学・中学時代から関係が続いている友達が4名いますが、ここ10年ほど年に1回ほどしか会うことがありません。

妻も僕は、呼べばすぐに会える知り合いも友達がいなくても、別段困ることはありません。

それは、妻がいるからです。妻は、「私には友達がいなくなってしまったけど、夫がいるから友達がいなくても大丈夫。」といいます。

本当に、妻がいれば近く友達がいなくても、夫がいれば、ひとりの友だちがいなくてもいいと思うんですよ。

夫婦関係を良好にする秘訣

もちろん、夫婦であるから夫の役割、妻の役割、父としても役割、母としての役割は必然的に存在し、その役割を時と場所によって演じなくてはなりません。

でも、夫婦の関係の中で、役割を離れて、友達感覚で会話をすることが大切なんですよ。

僕ら夫婦は、夕食後に今日あったことを話すことがほぼ習慣化されています。会社であったこと、通勤途中での出来事、テレビや雑誌で見たことなど、本当にたわいのない話がほとんどです。

友達感覚の会話を大事にしているので、その時は、子供の話題はしないようにしています。

例えば、「子供の成績が話下がっているからどうすればいいのか?」、「子供の受験はどうしたらいいのか?」という話題は、夫婦、家族間の会話になり面白くありません。

会社の同僚で聞くのが、「普段夫婦の会話なんてほとんどないよ」「会話をしても子供のことくらいかな」というのがほとんどです。

毎日、顔を合わせている夫婦の会話が、家族こと、子供のことだけしかないなら、お互いが普段どのように思っているのかがわかりませんよ。

お互いが何を考え、思っているのかが分からなければ、夫婦の関係が良好になることはありません。

親しい友達がいないから夫婦で話すしかない

冒頭でも書きましたが、僕も妻も普段、たわいもない話ができる友人がいません。

だから、何か話したい時は、夫婦のどちらかに話すしかありません。

妻は会社での不満があれば、僕に話をしますし、会社で面白いことや気づいたことがあれば、お互いに話をします。

話をすることで仕事などのストレスを発散することは大事です。

僕も妻も会社帰りや休日に友人とお酒を飲んで騒ぐといったが全くありません。だから、夫婦で話をするしか手段がないからです。

はたからは見れば、友達も友人もいないなんて寂しい夫婦と映りますが、それが夫婦お互い依存しあっている状態を作っているので、夫婦関係が悪くなることがありません。

まとめ

友達感覚の夫婦の会話をしているせいか、子供たちも親に対する会話が雑な印象があります。

さすがに親と子供は友達感覚で接するのは教育上よろしくないと思うので、子供たちと過ごしている時は、友達感覚をセーブしている状態です。

夫婦関係を良好にする秘訣は、毎日、たわいもないことをお互いに話すことです。

30種の活力パワー!【EDITAL EX(エディタルEX)】

-夫婦, 生活全般
-,

Copyright© ぺいさんの壁新聞発行中 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.