大掃除で見つかった不要なパソコンの廃棄、処分方法を教えます【PCリサイクル法】

ノートパソコン

12月の年末にやることのひとつに”大掃除”ってものがありますよね。

”大掃除”をしていて困るのが、部屋の隅に追いやられた使わなくなったノートパソコンの廃棄、処分。

新しいノートパソコンを買った時に、以前使っていたモノを処分すればよかったのに、

何となく捨てられずに、押し入れに入れたままのノートパソコンが2台、3台持っている人もいることでしょうね。

パソコンの廃棄については、冷蔵庫やテレビの廃棄と同様にPCリサイクルというものがあるんですよ。

なので今回、不要になったパソコンの廃棄、処分方法を紹介します。

PCリサイクルとは

家庭から出るペットボトルもリサイクルするために、分別してゴミにでしていますよね。

それと同じように、家庭で使っていたパソコンも、大型ゴミとして廃棄せずに、新しい形で、資源としてふたたび活用するために、リサイクルします。

どのように廃棄されたパソコンをリサイクルするのでしょうか?

PCリサイクルされたパソコンは、国内の再資源化センターに集まられて、適切に処理されます。

処理方法としては、

1)手作業で、プリント基板、ハードディスク、CDドライブ、ケーブルなど大きなパーツごとで分解、分別。

2)分別されたパーツごとに、資源化されます。 ・金属部品などは、鉄、アルミ、銅の素材に再生。

・プラスチック部品は、業者の手によって、プラスチック原料に再生。

・プリント基板などは、金、銀、パラジウムなどの貴金属、ネオジウムなどの希少金属を回収。

廃棄されたパソコンは、適切な処理方法でプラスチックや金属類など様々な資源となり、その後、様々な製品の材料として再利用されます。

これが”PCリサイクル”です。

不要なパソコンの廃棄処理方法

不要になったパソコンは、パソコンメーカーが回収します。

NECのロゴがついているパソコンなら、NECが回収します。

そのための手順は、

1)自分が廃棄したいパソコン本体を見て、メーカーを特定します。

回収するメーカーがわかったら、インターネットから各メーカーのリンクより、”PCリサイクル”を申し込んでください。

廃棄したパソコンがNEC製品だったら、NECのPCリサイクルに申し込んでください。

各パソコンメーカーのPCリサイクル申し込みリンクは、ここです。

2)各メーカーがあなた宛てに、日本郵便の「エコゆうパック伝票」が送られてきます。

3)廃棄するパソコンを簡易梱包し、「エコゆうパック伝票」は貼り付けます。

廃棄するパソコンの梱包の仕方

4)最寄りの郵便局に持ち込むか、集荷を依頼します。

必ず、メーカーから送られた「エコゆうパック伝票」を梱包したパソコンに貼らないと、郵便局ではパソコンの回収はしてくれません。

さらに、「コンビニエンスストア」・「郵便切手類販売所」・「簡易郵便局」・「郵便局以外のゆうパック取扱所」に、持って行っても取り扱いはしてくれません。

これで、あなたの廃棄したパソコンは適切に再資源化センターで処分されます。

”PCリサイクルマーク”が付いているパソコンなら回収料金は無料

2003年(平成15年)10月1日以降に量販店などで新規購入したパソコンは、”PCリサイクルマーク”がついているので、廃棄するために別途料金はかかりません。

言うなれば、新規購入したパソコンの金額に、リサイクル料金が含めれていたわけです。

では、2003年10月1日以前に購入したパソコンのPCリサイクル料金は、誰が払うのでしょうか?

パソコンを廃棄したいあなたが、パソコンメーカーに回収・再資源化料金を払います。

クレジットや振り込みで、回収・再資源化料金をパソコンメーカーに支払えば、その後「エコゆうパック伝票」が送られてきます。

ほぼ、各メーカーの回収・再資源化料金は、3,150円です。

メーカー別パソコン回収再資源化料金

まとめ

部屋の隅に置かれた使わなくなったパソコンがあれば、年末の大掃除に思い切って廃棄処分をしましょう。

不要なパソコンは、””PCリサイクル法により適切な廃棄処理をしなくてはなりませんよ。

面倒だからと言って、河川時になどに捨てないようにお願いいたします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)