冬でも快適にお風呂に入るための寒さ対策を紹介します

お風呂場

12月も過ぎるとグッと寒さが身に染みてきますよね。

寒い夜は、お風呂に入って、心身ともに温まりたいものですよね。

でも、冬の風呂場(浴室)の寒さってないですよね。

体の芯から寒さが襲い、「冬に風呂に入るのは、3日に一回でいいかな。」なんて思っちゃいますもんね。

なので、今回は冬のお風呂(浴室)に入るための寒さ対策を紹介します。

紹介する対策さえ知れば、冬の風呂場(浴室)なんて怖くなくなりますよ。

お金をかけた風呂場(浴室)の寒さ対策

お金があれば、一番の寒さ対策は、”浴室暖房乾燥機”を取り付けることですよ。

浴室暖房乾燥機には、”暖房モード”があり、お風呂に入る前に暖房をして浴室を温めてから、お風呂に入れます。

さらに、浴室のリフォームをする余裕とお金があれば、天然コイルのやわらかい床にすれば、ほんと思わず寝ころびたくなるほどの柔らかさと温かさ。

まあ、浴室暖房乾燥機の取り付けを含めた浴室のリフォームにかかるお金は、100万円ほどになるでしょうね。

これはあまりにも現実的ではないので、誰でも簡単にお金もあまりかからないお風呂場(浴室)の寒さ対策を、紹介します。

浴室の窓や壁、床対策で寒さを緩和

戸建てやマンションの妻側に住んでいる人は、浴室に窓があるんじゃないでしょうかね。

窓から冷気が伝わるのを防ぐための方法

・浴室の窓にカーテンレールをつけて、丈の短いシャワーカーテンをつける。

・浴室の窓にプチプチや断熱シートを貼り、窓枠に隙間テープを貼る。

床下から冷気が伝わるのを防ぐための方法

・浴室の床に、お風呂用のマットをひく

・浴室の床に、防水のお風呂用の畳をひく

お風呂に入る前の寒さ対策

窓や壁にホームセンターで売っている断熱シートを貼り、床にお風呂用のシートを貼れば、ほぼ冬の寒さ対策は完了したようなもんですよ。

あとは、お風呂の入る前に、浴室を温めることです。

もちろん、浴室暖房乾燥機などセレブなものを使わずに、浴室を温める方法を紹介します。

まず、

・お風呂のお湯を張るときは、バスタブのふたをせずにお湯を沸かすことです。

お風呂にためたお湯で冷えた浴室の空気を温めてくれます。

ふたをせずにお風呂をためるので、ふたをしているよりも追い焚きの時間がかかり、ガス代もやや増えます。

でも、寒さ対策にかかる費用だと思えば、OKじゃないでしょうか。

・お風呂に入る前に、壁に熱いシャワーをかけるのもいいですよ。

服を着た状態で、50度くらいの温度のシャワーを冷えた壁にかけ続け、浴室を温めましょう。

浴室が温まったと思えば、服を脱いで、お風呂に入ります。

この2点は、ガス代と水道代と引き換えに、温まった浴室を手に入れられる簡単な方法です。

まとめ

今回紹介したお風呂場の寒さ対策をすれば、快適な冬場のお風呂ライフが手に入ります。

寒さ対策の本質は、冷気を遮断することとお風呂に入る前に浴室を温めておくことです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)