パネルヒーターのメリットと電気代はどれほどかかるのか?-パネルヒーターとオイルヒーターの違いは知っていますか?

ハロゲンヒーター

寒い季節がやってきました。

毎朝、毎晩、冷え込んだ部屋で、「早く春が来ないかな」とつぶやいでいる僕ですが、今年はパネルヒーターを買おうかと考えています。

今回の記事は、パネルヒーターを買おうとしている人に、少しだけパネルヒーターのことについての情報を教えます。

例えば、パネルヒーターのメリットや消費電力と電気代はどれくらいかかるか。

さらに、オイルヒータとの違いもふせて紹介します。

パネルヒーターとオイルヒーターの違い

僕は、今までパネルヒーターとオイルヒーターの区別がつきませんでした。

さらに言えば、「ヒーター」と一言にいってさまざなま種類があることに気が付きました。

ヒーターの種類は大きく分けて、3つあります。

□ファンヒーター

セラミックファンヒーター、石油ファンヒーター、ガスファンヒーター

□遠赤外線ヒーター(いわゆる電気ストーブ)

ニクロム線電気ストーブ、シーズヒーター、ハロゲンヒーター、カーボンヒーター

□オイルヒーターおよびパネルヒーター

3つに分類されたヒーターの種類を見ると、オイルヒーターとパネルヒーターは同類というわけです。

分類された3つの違いは、『どのように部屋を暖めるのか?』という温める方法の違いです。

オイルヒーターとパネルヒーターは、本体を高温にし、本体から放熱で空気を自然対流させて部屋を暖める方法です。

強制的にファンで部屋の空気を吸い込み、温めた空気を吐き出すのではなく、輻射熱で部屋全体を温めるので、時間がかかります。

オイルヒーターとパネルヒーターの違いは、本体を高温にするための熱源に違いがあります。

オイルヒーターは、機器内部のパイプに入っている難燃性のオイル(油)を電気で熱して、放熱させます。

パネルヒーターは、オイル(油)を電気で熱するのではなく、電気ヒーターをパネルで覆ったもので、電気ヒーターが発熱し、機器の放熱で温めます。

オイル(油)が入っているものをオイルヒーターと言い、オイルが入っていなく電気ヒーターを温めるものをパネルヒーターと言うわけです。

パネルヒーターのメリット

以前、僕が、オイルヒーターのメリットと電気代はという記事を書きました。

パネルヒーターとオイルヒーターには多くの共通点があるので、ふせて上記の記事を読んでみてください。

循環ファンを持たないので部屋の空気が汚れない

パネルヒーターは電気ヒーターを発熱させ、その放熱で部屋を温める構造です。

そのため、部屋の空気を循環させるファンはついていません。

だから、ほこりやハウスダストをパネルヒーターが吸い込んで吐き出すことはありません。

さらに、石油ファンヒーターやガスファンヒーターのように火を燃料として燃やしているわけではないので、二酸化炭素や一酸化炭素を吐き出し空気を汚すこともありません。

火が燃えていないのでやけどをしない

先ほど書いたように、石油やガスを燃料にし火を燃やしているわけではないので、パネルヒーター本体が熱くなったり、吹き出し口から熱い風が吹き出すわけではありません。

床に置いてあるパネルヒーターを小さな子供が触ったとしても、やけどをすることはありません。

パネルヒーターは、小さな子供や老人がいるご家庭は安心して使える暖房器具です。

本体価格が安い

エアコンやファンヒーターと比べて、パネルヒーターは比較的低価格で購入できます。

価格コムでパネルヒーターを調べれば、安いものであれば、5000円程度で販売されています。

価格.com – タイプ:パネルヒーターのヒーター・ストーブ 人気売れ筋ランキング

本体重量が軽く持ち運びがラク

同様のオイルヒーターと違いパネルヒーターは本体もコンパクトで軽く、女性でも容易に持ち運びができます。

人気のデロンギのオイルヒーターの重さは、約12キロ。

同メーカーのデロンギのパネルヒーターなら、約4.6キロとオイルヒーターの半分以下の重さです。

パネルヒーターを使用した時の電気代は?

パネルヒーターの構造として、電気ヒーターをパネルで覆っているだけの暖房器具です。

電気ヒーターを温めているので、消費電力はオイルヒーターよりだいぶ高くなります。

価格コムで各メーカーのパネルヒーターの消費電力を見てみると、強運転で900W~1,200Wです。

例えば、

1,200Wのオイルヒーターを1時間使用すると、電気代は19.52円(東京電力の1KWhあたりの電気代)×1.2W=23.4円かかります。

1日、10時間使用で、約195.2円。

1か月で5,856円もの電気代がかかります。

パネルヒーターはメインで使用する暖房器具としてはコストもかかり、循環ファンがついていないので、狭い場所を短時間で温めるのに向いています。

まとめ

オイルヒーターと同様、パネルヒーターは、お部屋の空気を汚すことがなく、やけどなどをする危険性もありません。

パネルヒーターの近くにいれば、短時間で体が温まるので、使い方によっては、便利な暖房器具になります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)