縁起の良いとされている初夢の意味を知りたい!―仕事運が上昇する夢もあるの?

初夢

現実主義の人でも、初夢って気になるんじゃないでしょうかね。

僕も周囲の人に、「現実を重要視して行動する」、「理想や夢を追わない」人間だと思われています。

そんな僕でも、初夢は見たいですし、見た初夢の意味も気になります。

では、縁起を担ぐ人も現実主義の人も気になるであろう初夢の意味を紹介します。

初夢はいつの夢のこと?

僕はいい大人になるまで、初夢というのは年が明けた1月1日の朝に見る夢のことだと思い続けていましたよ。

どうもそれは間違いで、正しくは、1月2日の夜から1月3日の朝に見る夢を初夢というらしいです。

『らしい』というのは、実は、『大晦日の夜』、『元旦の夜』、『1月2日の夜』と3つの説があり、江戸時代までは、『元旦の夜』に見る夢を初夢とされていました。

現在は、広辞苑や大辞林にも書かれているように、初夢は1月2日の夜に見た夢を書かれています。

縁起がいい初夢とは

初夢にどんな夢を見るのが縁起がいいのでしょうか?

昔から、「一富士 二鷹 三茄子」と言われていますね。

『富士山の上で鷹が飛んでいて、茄子を食べている』夢を見れば、縁起がいいというわけですよ。

それはどういう意味かといいますと、

□富士・・・日本一の富士山を示した言葉で、高い目標や理想をあらわし、それが達成できる暗示。

□鷹・・・自分のレベルアップを示す言葉で、可能性の広がりや自由な行動をあらわし、夢の実現につながります。

□茄子・・・物事を「成す」という語呂合わせ。仕事運や金運に恵まれるという暗示。

以上のことから、初夢で、『富士 鷹 茄子』が登場すれば、仕事上でいい成果もしくは成功が得られることを暗示しています。

大晦日に来年の目標をかかげた人は、「一富士 二鷹 三茄子」を初夢に見ることによって、

目標を達成し、夢を実現し、それにより今までより多くのお金が得られるかもしれません。

縁起の良い夢とは

江戸時代から初夢で縁起ものとして「一富士 二鷹 三茄子」と言われていますが、ほかにも縁起のいい夢を紹介します。

□血・・・血が登場する夢は、情熱、生命力、激しい行動を表し、金銭や財産を意味しています。

□出血する・・・心の悩みや金銭問題が解決する兆候を示します。

□火事・・・思いがけない大きな利益を得たり、期待していた以上の結果が得られることを示します。いわゆる幸運が舞い降りるということを暗示しています。

□工事現場・・・運気が上がる兆しを示す夢で、何事にも前向きでチャレンジすることで運が開けるということです。

□雨漏り・・・金運アップのサインで、思わぬ収穫が得られることを示しています。雨漏りの夢を見たら宝くじを買うチャンス!

といったことが縁起のいい夢を言われています。

まとめ

縁起のいい初夢を信じるのも信じないのもあなた次第です。

現実主義の人も、初夢に夢を託してもいいじゃありませんか。

きっといいことがあると思いながら、現実に立ち向かう姿勢は大事ですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)