初詣おみくじは当たるの?当たらないの?という判断は、おみくじをひく理由に隠されています―おみくじは占いと違う―

おみくじ

あなたは、正月の3が日に初詣に行きますか?

初詣に行けば、お賽銭箱の前で、「今年もいい年になりますように」と心の中で願い事を言うのでしょうね。

そのあと、その年がどのような1年になるのか、神社で”おみくじ”をひきたくなりますよね。

初詣以外、神社に行くこともないのに、なぜか初詣の時だけ”おみくじ”をひいてしまうんでしょうね。

さらに、ふだん、情報番組や雑誌の占いコーナーを見ない人でさえ、初詣のおみくじをひいてしまうんですよ。

実際のところ、初詣のおみくじは、当たるのでしょうか? それとも当たらないのでしょうか?

大吉が出れば万々歳でしょうが、凶が出たときはどのようにすればいいのでしょうか?

今回の記事は、初詣おみくじについて、お話をします。

初詣おみくじは当たるの?当たらないの?

初詣おみくじも雑誌の星座占いや血液占いと同じで当たるも八卦当たらぬも八卦といった感じなんでしょうかね。

占いと同様におみくじの結果を見て、信じれば当たるし、信じなければ当たらないといったもんでしょうか。

神社のおみくじというのは、遊び感覚で当たる、当たらないというものではなく、神様の神意を判断する手段として、古来より行われてきたものです。

なので、神社でおみくじを引くことは、自分の行き先を神様に尋ねることなので、遊び感覚ではなく、参拝と同じように真剣な気持ちで神様と向き合うことです。

そして、占いと勘違いするのが、おみくじの結果は、「今年の運勢」ではなく、おみくじを引いた時の「今の運勢」が書かれています。

そのことを踏まえて、おみくじが当たる当たらないということで判断をしてはいけません。

引いたおみくじが、大吉でも末吉でも大凶でもいいんですよ。

おみくじに書かれたことは、神様からのアドバイスや今の運命であって、あなたが今後どのような行い、振る舞いをしていけばいいかどうかです。

なので、おみくじの結果が大吉であっても大凶であっても、神様の神意を真剣な気持ちで受け止め、書かれた助言を謙虚に行うだけです。

初詣のおみくじは、当たる当たらないが書かれているのではなく、神様からのアドバイスと今の運命が書かれてものです。

ひいたおみくじは持って帰るの?結ぶの?

初詣に行ったときに神社で、おみくじが木や柵にこれでもかってくらいに結ばれていますよね。

僕も初詣おみくじをひき、読み終われば、神社や仏閣の所定の位置に結んで帰ります。

おみくじの結果が、大吉でも大凶でも同じように結ぶべきなんでしょうかね。

先ほど書いたように、おみくじは神様の神意が書かれてものです。

なので、本来は、神様からの言葉、助言をしっかり読み、大吉でも大凶でも財布などに入れて持ち帰るべきものです。

そして、時々、おみくじに書かれた神様の助言を読み返し、真面目に実行するのです。

ですが、昨今、おみくじで凶や大凶が出た場合は、厄を落として帰るほうが良いということで、神社に結び付けて帰るという方法が出てきたのです。

凶や大凶が出たおみくじの厄を落とす方法は、利き手と反対側の手だけで、高い場所に結ぶつけるとされていて、反対の手で結ぶ難しさが、「困難を乗り越える」という意味を持ちます。

まとめ

初詣おみくじは、星座占いや血液型占いのように当たるも八卦当たらぬも八卦といった感じのものではなく、神様からのアドバイスを受けるものです。

参拝と同じように真剣な気持ちで、今年1年のアドバイスをもらいましょう。

ひいたおみくじを時々読み返し、アドバイス通りに行動できているのか真剣に考えるべきです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)