年賀状を出し忘れても大丈夫、寒中見舞いとしてハガキを出せば好印象です

年末、仕事で忙しい中、合間で年賀状をパソコンで作って投函したのに、新年、年賀状が届いてみれば、「あれ、○○さんに年賀状出していないや。」と気づくこと多くありませんか?

だからといって、新年早々、コンビニに年賀状を買いに行き、パソコンを立ち上げて○○さんに出す年賀状を作ってポストに投函するのも世話しないですよね。

そうだとしても、○○さんから届いた年賀状を見なかったことにするのは、大人しとしてダメでしょうね。

今回の記事は、年賀状を出し忘れたあなたが年賀状の代わりに寒中見舞いという形で出せば、相手に良い印象を与えるという話をします。

寒中見舞いを出す意味

日本のしきたりや礼儀にうるさい家庭で育っていない僕らは、「寒中見舞いって何?」、「知っているけど、寒中見舞いのハガキ出したことないなぁ。」って感じでしょうね。

寒中見舞いは、寒い時期の相手の健康を気づかうためのお便りです。

寒中見舞いのハガキを出す期間は決まっていて、1月5日の寒の入りから2月4日の立春の前までと約1か月あります。

一般的に年賀状は1月7日の松の内まで出すものとされているので、出し忘れた年賀状は、1月7日以降に寒中見舞いとして出すのがマナーです。

反対に1月7日までに、出し忘れた人にハガキが出せるなら、正月の3が日中にサクッと年賀はがきを作ってポストに投函するのも手ですが、序文にも書いたように、世話しないですよね。

出し忘れた年賀状の代わりに寒中見舞いのハガキを出すポイント

何の前触れもなく、一般的な寒中見舞いの文例を書いても、相手に失礼になります。

しっかりと、相手に年賀状を出しそびれたお詫びを必ず書くことです。

毎年、年賀状のやり取りをしている相手に、うっかり年賀状を出し忘れても、ここは大人として、寒中見舞いのハガキにお詫びの文章を添えます。

特に、長年年賀状のやり取りをしていなかった相手から、突然?年賀状が届く場合があります。

その場合は、あなたの家族の様子を報告したり、相手の健康をいたわる言葉を添えると良い印象を与えます。

では、年賀状を出しそびれたお詫びの文章をふせた寒中見舞いのハガキの文例を紹介します。

<文例>

寒中お見舞い申し上げます
新年にはご丁寧な賀状をありがとうございました
私どもは、年末年始を○○で過ごしましたため、
年賀状を頂きながらご挨拶が遅れまして申しわけございませんでした

まだまだ寒い日が続きますので、どうかお体を大切になさって下さいませ。

平成二十九年一月

<文例>

寒中お見舞い申し上げます
お年賀のご挨拶ありがとうございました
新春のご祝詞をいただきながらご挨拶が遅れ、
まことに申しわけございません。

まだまだ寒い日が続きますので、どうかお体を大切になさって下さいませ。

平成二十九年一月

といった感じで、年賀状を出しそびれたお詫びと自分の近状、相手の健康の気遣いを入れた文章を書きます。

まとめ

年末に年賀状を作っていて、

「○○さん、ここ数年年賀状を出しても送って来ないから、今年はださなくていいか。」

「年賀状のハガキをあまり買っていないから、職場と親しい友人だけ、出せばいいか。」

といった感じで、あえて年賀状を出しそびれた場合もありますよね。

その場合は、1月7日以降に「寒中見舞い」という形でハガキを出すのも手ですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)