大人にぴったりな書き初めにあう言葉を紹介―書き初めの由来と意味も―

小学校の冬休みに宿題で出される書き初めって、好きでしたか?

僕は字が下手くそで、毎年、イヤな思いをしながら、意味が分からない言葉を半紙に書いていましたよ。

ほんと、「何のために正月に書き初めをしなくっちゃいけないんだ!」って先生を恨んだこともあります。

でも、大人になって、子供たちが書き初めをしているのを見て、新年に、正座をして姿勢を正し、自分が好きな言葉を半紙に書く、”書き初め”っていいかもしれないと思うようになりました。

今回の記事は、なぜ、正月に書き初めをするのかという意味と由来を調べてみました。

また、僕のように書き初めをしてみようかと思った大人に、「どんな言葉を書き初めにしたらいいのか」も紹介します。

書き初めを書く由来

小学生の時は、正月に書き初めを書く意味なんて考えたこともなく、ただ、先生に「冬休みの宿題!」と言われたからやったに過ぎないですからね。

改めて、書き初めの由来を調べてみました。

書き初めは、平安時代の宮中で「吉書初め(きっしょぞめ)」として行われたのが始まりだったそうです。

「吉書初め(きっしょぞめ)」とは、元旦に新年に最初に汲んだ水ですった墨で、詩歌を書いたそうです。

その後、庶民の間でも新年の仕事始めのしきたりにならい、文字を書いたり、絵を書いたりする「書き初め」が始まりました。

そして江戸時代に入り、寺小屋での勉強の一環として、「書き初め」が始まり、一般にも広がりました。

書き初めを書く意味

書き初めの由来は分かったけど、書き初めをする意味ってあるのでしょうか?

今や子供たちの間でもパソコンやスマートフォン、携帯電話が普及し、友達とのコミュニケーションにメールやTwitter、LINEを使うようになりました。

ますます、筆を使って文字を書く機会がなくなりました。

だからといって、筆で文字を書くことが廃れたわけでもなく、筆できれいな漢字やひらがなを書けることはこれからも必要なスキルになります。

親がさせたい小学生の習い事には、『習字』が入っているように、筆で文字を書くことは、現代の日本には必要なことなのですよ。

正月に書き初めをすることは、文字がきれいに書けるようになるという意味合いもあります。

大人にぴったりな言葉

大人の僕らが書き初めをするなら、意味のある言葉を書きたいですよね。

書き初めにしたい言葉を選ぶには以下のような基準を持つといいですよ。

・今年はこういう年にしたいという願いや抱負を込めた言葉

・新年だからこそ気持ちを新たにする言葉。

・座右の銘

という基準の中で、僕がおすすめをする言葉を紹介します。

・千客万来(せんきゃくばんらい)

一刻千金(いっこくせんきん)

精励恪勤(せいれいかっきん)

一期一会(いちごいちえ)

長楽萬年(ちょうらくまんねん)

和気致祥(わけちしょう)

春風致和(しゅんぷうちわ)

力戦奮闘(りきせんふんとう)

一念通天(いちねんつうてん)

進取果敢(しんしゅかかん)

順風満帆(じゅんぷうまんぱん)

真実一路(しんじついちろ)

それぞれの意味は、自分で調べてみてください。

僕がおすすめをした言葉は、どちらかというと仕事に向いている4文字熟語ですね。

小学生以来、筆を握ったことがない人にとっては、バランス良く、きれいに書くのは難しいはずです。

でも、1月2日に行う書き初めとしては、新年に向けて気持ちを引き締めるのに、いい言葉ですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)