節分に食べる恵方巻きの今年の方角・方位の調べ方と関東地方ではいつから恵方巻きが知られるようになったのか?

%e6%81%b5%e6%96%b9%e5%b7%bb%e3%81%8d

子供がいるご家庭は、節分といえば、「豆まき」と「恵方巻き(太巻き)」ですよね。

関東地方に住んでいる僕から見れば、「いつの間にか節分の日に恵方巻きを食べるようになったんだ!」と思わずにはいられません。

この「恵方巻き」、関東地方にいつ頃から食べられるようになったのでしょうかな。

「恵方巻き」は、縁起のいい方角を向いて丸かぶりするのですが、その年の方角が決まっています。今年(2017年)の方角は、どの向きなんでしょうか?

実際に「恵方巻き」を丸かぶりする方角、向きを調べるのに、iPhoneを使うと簡単にわかるんですね。その方法を教えます。

節分に関東地方で恵方巻きが知られるようになったわけ

関東地方に住んでいる僕は、数年前まで「恵方巻き」の存在さえ知りませんでしたよ。

いつの頃から、関東地方で「恵方巻き」を食べれるようになったんでしょうかね。

僕の記憶によると、セブン-イレブンやファミリーマートなどのコンビニのテレビCMで、『節分に恵方巻きを、、、』が放送し始めたのがキッカケで関東地方で知られるようになったはずです。

調べてみたら、これが正解で、1998年(平成10年)にセブン-イレブンが「恵方巻き」を商品名にしたモノを全国販売したのが始まりなんですよね。

続いて、1999年にはローソンは「恵方巻き」を商品化し全国販売へと。
さらに2003年になってやっとファミリーマートが全国販売を開始しました。

なぜ?セブン-イレブンは、元々大阪が発祥の「恵方巻き」を商品化し、全国販売するようになったんでしょうか?

実は、大阪で「恵方巻き」を食べる風習は昔からあったわけじゃありません。

のり問屋と寿司組合が結託して、バレンタインにチョコレートを贈る習慣を広めた製菓業界を真似て恵方巻きを食べる習慣を仕掛けたんですね。

まあ、元々は、大阪の寿司組合が土用の丑の日にうなぎを食べる習慣に対して、節分に丸かぶりの寿司を食べる習慣を広めようとしたのが始まりで、そのイベントにのり問屋が便乗した感じです。

大阪では、のり問屋と寿司組合のコラボイベントとしての「丸かぶり寿司」≒「恵方巻き」を広まったようですが、全国的には広まらず、関東地方ではその名さえ届きませんでした。

それが、コンビニ大手のセブン-イレブンが全国的に「恵方巻き」を販売したことによって、たった8年で97%近くの認知度になりました。

恵方巻きを食べる方角

毎年、恵方巻きを食べる方角ってわかるじゃないですか?

一般的には知られていない高名な占い師やお坊さんが決めているんじゃないかと思ってしまいますよね。

実はあらかじめ恵方巻きを食べる方角って決まっているんですよ。

誰かが、何かしらの法則に従って方角を決めているわけでもなく、恵方巻き業界の人たちが会議をして決めているわけじゃありません。

恵方(方角)は、十干(じっかん)という暦に基づいて決められています。

十干(じっかん)は、【甲乙丙丁戊己庚辛壬癸】の10種類で、十二支(じゅうにし) 【子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥】の12種類と併せて干支(えと)を表すのに使われています。

十干(じっかん)に基づいた恵方(方角)は、4種類しかありません。

□甲(きのえ)・己(つちのと)の年・・・東北東
□乙(きのと)・庚(かのえ)の年・・・西南西
□丙(ひのえ)・辛(かのと)の年・・・南南東
□丁(ひのと)・壬(みずのえ)の年・・・北北西
□戊(つちのえ)・癸(みずのと)の年・・・南南東

恵方は、東北東、西南西、南南東、北北西の4種類の方角を5年周期で一巡しています。

で、2017年の恵方の方角は、北北西になります。

ちなみに、2018年から2027年までの恵方の方角は

□2018年・・・南南東
□2019年・・・東北東
□2020年・・・西南西
□2021年・・・南南東
□2022年・・・北北西
□2023年・・・南南東
□2024年・・・東北東
□2025年・・・西南西
□2026年・・・南南東
□2027年・・・北北西

となっています。

恵方巻きを食べる方角を調べるのにiPhoneを使う

2017年の恵方巻きを食べる方角はわかったけど、実際にどちらを向けばいいのかわからない人が多そうですね。

どのようにして、方角(方位)を調べればいいのでしょうか。

一番簡単で思いつくのが、小学校の理科の時間に学んだ「方位磁石」を使うのがいいじゃないでしょうか。

ダイソーなどの100円ショップに行けば、方位磁針を購入できるはずです。

次に簡単なのが、iPhoneにはじめからインストールされている「コンパス」アプリを使う方法です。(XperiaなどのAndroidスマートフォン所有者には関係のない話になります。)

iPhoneには磁気センサーが内蔵されているので、「コンパス」アプリで方位(方角)を確認することができるからです。

1)iPhoneのホーム画面の「便利ツール」をタップします。

2)「便利ツール」の中から「コンパス」をタップして起動します。

3)「コンパス」を起動させると、『コンパスの使用中に位置情報の利用を許可しますか?』とポップアップが表示されるので、『許可』をタップします。

(GPSが起動していないと、「コンパス」アプリで方位(方角)が測定できませんので、GPSを起動させていないiPhoneに対して許可をせよとポップアップが表示されます。)

4)赤色の三角形が、2017年の方角である「北北西」を向くように、iPhoneを持って体を回転させます。

これで、「恵方巻き」を食べる方位(方向)がわかります。

まとめ

子どもたちと恵方巻きを決められた方位(方角)を向いて食べるのもヨシだし、一人暮らしの人もコッソリとベランダで恵方巻きを食べるのもヨシでしょう。

日本の文化である、もしくは行事として節分に恵方巻きを食べる習慣は必要ですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)