節分の日の豆まきに落花生をまく地域があるその理由は:あなたは大豆派?落花生派?

落花生

コンビニやスーパーで売っている節分の豆って何なんでしょうか?

 コンビニやスーパーで売っている一般的な節分の豆は何?

2月3日は子供たちとって大事なイベントとなる「節分の日」です。

僕は毎年、節分の前日に近所のコンビニで、赤鬼のお面がついている節分の豆を買います。

で、おもむろに、さりげなく、節分の日の夜に、鬼のお面をかぶり、「さあ、節分の日だからこれから豆まきをやろう!」と子供たちに言うのです。

子供たちに節分の豆を投げつけられながら思うのが、「この節分の豆は何の豆だ?」と疑問に浮かぶんですよね。

調べてみると、節分の豆には2種類あり、大半は大豆で、地方によっては落花生を使用するところもあります。

まあ、セブンイレブンやイオンスーパーで売っている節分の豆の種類は「大豆」ですね。

Amazonやヤフーショッピングで「節分の豆」を検索し、原材料を見てみると、大半が「大豆」と書かれています。

節分の豆の原材料に「落花生」と書かれて商品が見つからないほどです。

節分の日に落花生をまく地域がある

先ほどが述べているように、節分の豆には、「大豆」と「落花生」の2種類があります。

コンビニなどで売っている節分の豆は「大豆」が一般的で、それ以外の豆が袋詰めされた商品を見たことがないので、「豆まきに落花生?」と不思議な顔をする人もいるはずです。

僕も「節分の豆=落花生」という図式がこの記事を書くまで浮かびませんでした。

調べてみたら、節分の豆まきに落花生を使用する地域は、結構あるんですよ。

節分の日の豆まきに炒った大豆を使用のにしっかりとした由来があるのに、なぜ?落花生をまく地域があるのが不思議です。

豆まきに大豆をまくのが正しいのか? 落花生をまくのが正しいのか?議論するものではなく、なぜ?落花生をまくのか考えたほうがいいでしょうね。

節分の日に落花生をまく理由としては、

大豆をまくより、豆まきの後の片づけ、掃除がラク。

すなわち、大豆より落花生のほうが大きいので、拾いやすいってことでしょうね。

まいた豆を食べるのに、大豆よりも殻が付いた落花生のほうが衛生的にいいこと。

この2点から、地域によっては、豆まきに大豆を使用するよりも落花生を使用するのが合理的だってことでしょう。

さらに、豆まきをしたあとは、年の数だけ豆を食べるという慣習がありますよね。

せっかく食べるなら、大豆よりカロリーが高い落花生を食べたほうがいいじゃないという考えもあるみたいですね。

特に雪が多い北海道や東北地方などで、豆まきに落花生が使われているのが、その理由だそうです。

落花生と大豆を豆まきに使い地域の境界線

生まれた時から関東地方で生きてきた僕は、節分の豆まきに落花生を使っている話を聞いたこともなし、目にしたこともありません。

では、節分の豆まきに大豆を使用している地域と落花生を使用している地域の割合を調べてみました。

その疑問に答えてくれるサイトを見つけました。

豆だけに豆知識「大豆」と「落花生」の境界線があることが判明!|面白ニュース 秒刊SUNDAY

それによると、

□北海道・・・8:92(大豆:落花生)

東北・・・23:77(大豆:落花生)

□関東・・・88:12(大豆:落花生)

□近畿・・・87:13(大豆:落花生)

ということです。

東北を境に北に行くと、豆まきに落花生を使用し、南に行くと大豆を使用するのが明確にわかります。

寒い地方に住んでいる人は、無駄に体を動かさず、せっかく口に入れるなら衛生的でカロリーが高い落花生を食べるってことでしょうね。

まとめ

今回の記事を書いていて、節分の日の豆まきに大豆を使用するよりも落花生のほうがいいのでは?と思うようになりましたよ。

今年の節分の日の豆まきは、コンビニで大豆を使用している豆まきセットを買うのではなく、落花生を買おうかなと考えています。

落花生ってどこに売っているんでしょう?

千葉県に住んでいる人は、どこでも落花生が売っていそうですが、千葉県以外に住んでいる人はスーパーで落花生を買うことになるんでしょうね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)