今は梅のシーズンの花見がおすすめ-桜のシーズンの花見は消耗戦-桜より不人気な梅の開花予想は

梅

暖かい季節になってくると思い出すのが「花見」ですよね。

飲み会と称する「花見」は嫌いだけど、「花見」は好き

僕はハッキリ言って、「花見」が好きじゃありません。

なぜかというと、

□新入社員の誰もが課せられる花見の場所取りで、いい思い出がなかったこと。

□日中はそれなりに暖かい4月でも日が暮れれば、肌寒い・・・その中で花見なんて酔狂だと思う。

□なんといっても、僕はお酒が飲めないので、肌寒い夜に公園で花見と称する飲み会なんてただ単につまらない。

と新入社員以来、会社の花見には出席していませんよ。

そうはいっても、暖かい春にのんびりと花を見て歩くのは好きなので、「花見」シーズンは、楽しみです。

それにしても「花見」と言えば、「梅」でしょうか? それとも、「桜」でしょうか?

会社でも花見は「桜のシーズン」に行われますよね。

「梅のシーズン」の花見というのは、奈良時代以降、一般的でなくなりました。

梅の開花はいつごろか

桜をダシに集団で酒を飲むという「桜のシーズン」の「花見」が嫌いな僕は、酒を飲まなくてもおかしくはない「梅のシーズン」の花見のほうが性に合っていて、好きです。

僕と同じ考えを持っている人は、梅の開花はいつ頃なのかが気になりますよね。

国土交通省・気象庁から昨年(2016年)の全国の梅の開花日が発表されています。

それによると、東京は1月10日に梅の開花が観測され、横浜では東京より遅れて1月28日に観測されました。

一般的に梅の開花は、1月中旬に沖縄地方ではじまり、2月28日には中国地方から近畿地方へ、その次に関東地方北部に流れていきます。

昨年(2016年)は、一般的な梅の開花日より一か月以上早かったということでしょうね。

花見は梅より桜という意見

興味深いアンケート結果が、「しらべぇ」に掲載されていました。

「しらべぇ」の調査によると、『桜の花見よりも観梅のほうに魅力を感じる』という人の割合は7.8%だそうです。

梅の人気度、桜に完敗!北海道では「見たことない」という人も – しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース!

「お酒を飲めない人」、「大勢の人とお酒を飲むのが苦手な人」、「ちゃんと花見をしたい人」は、桜の花見よりも梅の花見のほうがいいと思っている人は、少ないんですね。

ほんと残念な結果です。

さらに、北海道に住んでいる人の中で、「梅の名所を知らないし、この目で花を見たこともない」という証言もあります。

それは、梅の開花が、桜の開花よりも遅いので、桜のシーズンの花見をし終わった後に、梅が咲くというわけです。

まとめ

桜と比べて、梅のシーズンの花見の知名度は低いけれど、酒飲みの集団のえさになっている桜の花見なんて、本当の花見とは言えませんよ。

暖かい日中に、お弁当を持って梅を見に行くというのはどうでしょうか?

梅の花見は、ゆったりとした時間がえられ、忙しい日常から解放され、リラックスできる環境がえられますよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)