花見の場所取りの裏技!-代行サービス業者に依頼すべき―桜のシーズン

桜花見

3月20日前後になれば、ニュースで桜の開花予想が流れ、花見のシーズンに突入します。

毎年、会社やサークルなどで花見を楽しんでいる人にとって、頭を悩ますのが、「花見の場所取り」ですよね。

桜の名所での花見となると、想像を絶する多くの人が訪れます。

東京・上野恩賜公園には、毎年、約200万人もの花見客で訪れます。

桜の名所での花見の場所取りは、まさに戦場ですよ。

上野恩賜公園や千鳥ケ淵緑道などの桜の名所で花見をやらないとしても、花見で有名なスポットでの場所取りは困難を極めます。

そこで、今回の記事は、効果的な花見の場所取り方法を教えます。

ズバリ、お金を支払って、花見の場所取りサービス業者に依頼する方法です。

花見に命を懸けている人にとって、数万円の出費で、苦労せずに花見の場所が確保できるなんて、費用対効果が期待できる投資ですよね。

東京の格安便利屋に花見の場所取りを依頼する

実際に、東京都内で花見の場所取り代行サービスを頼むとどれくらいのお金がかかるのでしょうか?

『東京の格安便利屋! ワンストップ代行センター』の代行業務の料金を参考にしてみました。

東京の格安便利屋ワンストップ代行センター|席取り・場所取り代行 – 東京の格安便利屋|ワンストップ代行センター

花見前日の20時半から翌日の9時までの13時間の場所取りの料金は、

・基本料金:2,000円

・出張料:3,000円

・場所取りにかかった人数:1名ー13時間×4,300円=55,900円

花見の場所取りにかかる総金額は、60,900円。

花見の場所取りに約60,000円という金額が安いと取るのか高いと取るのかは、桜のシーズンの花見に対する思いです。

職場の花見の場所取りとなると、6万円というお金は必要経費と考えるのがベストじゃないでしょうか。

6万円をケチって、新入社員に深夜花見の場所取りをさせたら、これこそ問題です。

お金を支払って代行できるところは、アウトソーシングですよ。

桜のシーズンの花見の場所取り代行サービス一覧

東京近郊で、『東京の格安便利屋! ワンストップ代行センター』以外に、花見の場所取り代行を行う代行サービス業者はどこかあるのでしょうか。

らくだの場所取り代行サービス

サイトを見ると、花火大会の場所取りを受け付けと書かれていますが、花見の場所取りもやってくれそうです。

気になる料金は、明確に記載されていませんが、4,320円以上で最高の場所を確保しますと宣伝文句が書かれています。

便利屋 東京アットマン

サイトを見ると、「これこそテレビに出てくるような便利屋!」と思うようなサービスをやっている業者ですよ。

・並び代行

・探偵調査

・蜂の巣の駆除

・夜逃げ

・・・・

気になる料金は、「基本料金:4,200円~」+「場所取り:4,200円~」としか記載されていません。

なんでも便利屋24時

創業1992年の便利屋さんです。

業務内容も多彩で、ペンキの塗り替え、ごみ屋敷のごみ処分、草むしり、なりすまし、電話代行、別れさせ屋工作、結婚式のスピーチと「何なことをやってくれる人いないかな?」と思うことをやってくれそうな便利屋業者です。

気になる花見の場所取りは、「基本料金:1人・1時間―3,500円」としか記載されていません。

まとめ

花見をしたいけど、場所取りが面倒だなと思っている人は、お金を支払って、場所取り代行サービスを使用するのがいいですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)