バレンタインデーのお返しが必要な理由とお菓子の種類によって意味があることを教えます

Alexas_Fotos / Pixabay

2月14日はバレンタインデーですね。

まあ、本命の人もしくは彼女、妻からバレンタインデーのチョコレートをもらうのは、「ありがとう」と素直な気持ちで嬉しいものですが、明らかな義理チョコとなると、「くれないほうが嬉しいかも・・・」と思うところもあります。

本命チョコだろうが、義理チョコだろうが、バレンタインデーのお返しってしないとダメじゃないですか。

もう、明らかにわかる義理チョコにもバレンタインデーのお返しをする必要ってあるのかな?って思いますよね。

どうも、バレンタインデーのお返しには意味があるみたいですよ。

バレンタインデーのお返しは必要?

好きな、愛する人に女性が男性にバレンタインデーのチョコレートを贈ることに関して、お返しって必要だと思うわけですよ。

「あなたが好きです。」
「あなたのことを愛しています。」

という意味を込めてチョコレートを贈ったのに、それに対して何も返事、返答がないというのは、一方的なコミュニケーションで、何のためのバレンタインデーってことになります。

まあ、バレンタインデーのお返しに、3月14日のホワイトデーに相手に品物を贈るっていうのはお菓子会社の商業戦略なもので、「これは必要?」って思いますがね。

バレンタインデーのチョコレートをもらった時に、「ありがとう」、「僕も愛しています。」とすぐに返事をすればいいもんですが、コミュニケーションが苦手な日本人は、素直な気持ちを言葉に表すよりも、ホワイトデーのお返しとして表すのが性に合っているんですよね。

だから、シャイな日本の男性のとっては、バレンタインデーのお返しは必要でしょうね。

でも、明らかにわかる義理チョコに対しては、バレンタインデーのお返しは必要ないと思うわけで、どちらかと言うと『お土産のお返し』と同じですよね。

近所の人に「沖縄に行ってきたので、その時のお土産なので」とお土産を渡されれば、今度、あなたがどこかに行った時に、お土産のお返しを買って渡すのは、礼儀でしょうね。

さらに、会社の同僚や上司からお土産をもらったのであれば、きちんとお返しをするのが礼儀でマナーですね。

これと同じように、500円の義理チョコとあろうとも、社会人としてお返しのするのが礼儀・マナーということになります。

好きな人や愛する人から本命チョコのお返しと義理チョコに対するマナーとしてのお返しは、意味は違いますけどね。

バレンタインデーのお返しの意味

好きな人や愛する人から貰ったバレンタインデーのチョコレートのお返しと義理チョコのお返しの定番といえば、お菓子ですよね。

ホワイトデーのお返しによく使われるお菓子として、

●マシュマロ
●クッキー
●キャンディー

の3つでしょうか。

人によっては、チョコレートにチョコレートで返すこともありそうですが、どうも適当に選んでます感があり、実際に女性が貰って喜ばれないのがチョコレートだそうです。

でも、ここ数年注目を浴びているヴィタメール(WITTAMER)やデルレイ(DELREY)などの高級ブランドチョコレートとなると別格なんでしょうがね。

女性からバレンタインデーのチョコレートを貰うことに慣れていない僕なんて、バレンタインデーのお返しに毎回「クッキー」を渡していました。

どうも、あげるお菓子によって意味があるんですよね。知らなかった・・・。

●マシュマロ・・・あなたが嫌いです。

●クッキー・・・友達でいてください。

●キャンディ・・・あなたが好きです。

うーん、今の妻と付き合っていた時から、僕はバレンタインデーのお返しに、「クッキー」を渡していたなんて、完全にNGでしたね。

まとめ

好きな人、愛する人からバレンタインデーにチョコレートを貰ったら、気持ちを込めてしっかりとバレンタインデーのお返しをすることは必要です。

義理チョコと言えども、今後の付き合いを考えて、お返しをするのもマナーですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)