40代の男性で本気で婚活して結婚できる割合は、結構高いですよ

結婚届

僕の周辺の30代後半から40代の男性のほとんどは独身で結婚をしていない人が多いですね。

会社の同僚に何気なく「婚活しているの?」と聞くと、「なんとなく」と言う答えが返ってきますけど、なかなかうまくいかないみたいですね。

実際に、30代、40代で婚活をしている男性って、どれくらいの割合で結婚できるのでしょうね。

40代で婚活している男性が結婚できる割合は3%

僕が言うのもなんですが、僕の周辺にいる40代の男性が結婚できるとは思えないんですよね。

僕が勤めている会社は大手企業ではなく、1000人ほどの中小企業で、けしてクリエーティブな仕事をしている業種ではありません。

女性が憧れる職業でもなく、年収が500万円に届けばいいかな?と思うほどで、けして多くの給与をもらえる会社でもありません。

それに、40代ともなれば、頭の毛も薄くなり、お腹のあたりもふっくらと、少しくたびれた哀愁の漂う中年オヤジばかりですよ。

そんな40代の中年男性が、婚活をして結婚できる割合なんてほぼ0ですよ。

政府が実施している国勢調査のデータから結婚率を算出してみると、40代の男性が婚活して結婚できる割合は3%という結果が出ています。

この3%という算出法は、

「2005年に実施された国勢調査の中で40歳の男性の未婚数」から「2010年に実施された国勢調査の中で45歳の男性の未婚数」を引いた数です。

ようは5年後の国勢調査から40代の男性の未婚数が減っている割合が、40代の男性が結婚できた割合になるわけです。

この国勢調査は、具体的に婚活をしていたかどうかは分かりませんが、40歳の未婚の男性が5年後、45歳のなって結婚出来た数は示されているわけです。

婚活した結果、3%が結婚できたことを示しているわけではないということです。

もしかして、婚活して結婚できる割合のほうが少ないのかもしれませんよ。

本気で婚活すれば、40%の割合で結婚できる

ある調査によれば、本気で婚活すれば4割の結婚できるという結果があります。

国勢調査は3%しか結婚できないのに、婚活すれば40%になるのは不思議と思いでしょうが、

5年に一度しか行われない国勢調査はサンプル調査(母集団の中から一部を代表として抽出した対象を調査する方法)なので、少なからず誤差が発生します。

だから、国勢調査により算出された3%という数値は、あくまで参考程度の考えたほうが良さそうです。

40%の割合で結婚できるという結果を発表したのは、三菱UFJリサーチ&コンサルティングというシンクタンク会社の消費者調査によります。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングによると、

■婚活サービスで知り合った人と結婚・・・24.1%

■婚活サービスとは別に知り合った人と結婚・・・15.5%

2つを合わせると39.6%にもなります。

この結果は、あくまで一生懸命に婚活をした40歳の男性が結婚できた割合です。

なんとなく女性と出会えれば結婚してもいいという消極的な意識では絶対に結婚なんてできません。

まとめ

高校以来の友達で結婚しているのは僕だけです。

「婚活すれば?」と友達に言っても、「今、仕事が忙しいから、時間が出来たら婚活するよ」という答えが返ってきます。

「仕事が忙しい忙しいと言っていたら結婚なんて出来ないよ」といつも言うんですけどね、友達は本気で結婚したいとは思っていなさそうですよ。

「時間が出来たら」と言っていますが、時間が出来た時は、リストラされ、婚活どころじゃなくなりますよね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)