無許可で自転車通勤をしている人は会社規定に違反をしているので、見つかれば懲戒などを受ける可能性あります

65294 / Pixabay

会社から交通費をもらっているのに、バスを使わずに最寄りの駅まで自転車通勤をしている人って多そうですよね。

どう考えても、自転車通勤は会社規定に違反していますよね。

それでも、バス通勤しているより時間的にも精神的にも自転車通勤のほうがいいんですよ・・・たとえ、会社の規定に違反していてもね。

では、交通費を会社から支給されているのに、自転車通勤している人は会社の規定にどのように違反をしているのでしょうか?

自転車で事故を起こす危険性がある

僕が勤めている会社では、通勤経路を申請し、受理されれば交通費が銀行に振り込まれます。

申請した通勤経路が、会社があなたが自宅を出て、○○系統のバスに乗り、次に△△線の○○行きの電車に乗って会社に行くことを認めたということです。

別の言い方をすると、会社が認めた経路と方法以外で会社に行くことを認めていないということです。

無許可で自転車通勤をしたら、会社の規定違反になります。

会社の人に知られずに自転車通勤をしているだけでは問題になることはありませんが、万が一自転車で事故を起こす・・・自転車で他人に怪我をさせた場合は、無許可で自転車通勤していたことと通勤中に社員が事故を起こしたという2つの問題が持ち上がります。

さらに、通勤災害が起こった場合、申請した通勤経路以外の方法で起こしたわけですから、もしかして労災は適用できないかもしれません。

あなたが怪我をしても労災は適用されずに、すべて自己負担となります。

でも、一部では、無許可で自転車通勤をしても、「合理的な経路」であれば、通勤災害と認められ、労災が適用されるという話もあります。

だからといって、自転車通勤を会社規定として認められているわけじゃなければ、勝手に自転車通勤をして事故を起こせば、その時点で会社はあなたに懲戒などを受けされるでしょうね。

交通費が支給されているのに自転車通勤は不正になる

一番問題なのが、会社から交通費が支給されているのに、自転車通勤をして交通費を浮かして、懐に入れるという行為です。

これは通勤手当を不正に申告しているという問題とも言えます。

例えば、自宅から最寄りの駅までバス通勤の人は、大体一ヶ月の定期代は8千円から9千円ほど会社から支給されているはずです。

朝の交通事情によりバスが来るのが遅れたり、駅に到着するのが遅くなったりして、バス通勤は精神的にも時間的にも厳しいものがあります。

自転車を漕ぐ体力があれば、最寄りの駅まで自転車通勤の方が幸せってことです。

都内も駅周辺の駐輪場は月1千円から3千円ほどです。

交通費8千円から2千円を引くと月6千円浮き、あなたの自由になるお金が生まれるわけです。

これを不正と言います。

会社にバレれば、懲戒などを受けることになります。

まとめ

東日本大震災以来、自転車の存在は重要なものになってます。

さらに、「自転車通勤」というのは、「健康のために」、「エコのため」、「通勤ラッシュの緩和のため」にといいことずくめ。

が、ほとんどの会社では自転車通勤は認められていません。

その狭間にいる社員は、「健康のため」、「通勤ラッシュを避けるため」、「少し交通費が浮くから」と会社に無許可で自転車通勤をしているのが実情です。

自転車通勤をしている人は、「会社にバレなけらばいい」、「事故を起こさなければいい」と思っています。

それはそれで、自己責任ということで構わないと思いますが、このように自転車通勤をする人が増えている今、自転車通勤を会社規定として認めるようにしなければいけないと思いますよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)