喫煙し続けることによる弊害をあなたに教えます―寿命よりも肌を大事にする人は聞いてください―

Pezibear / Pixabay

飲食店、居酒屋で全面禁煙の方向に向けて厚生労働書が動き出し、紙巻きタバコを人はますます肩身の狭い思いを強いられてきます。

それにともない、「フィリップモリスジャパン」は将来的に紙巻きタバコの販売から撤退を表明しました。

このような状況下でも、タバコを吸い続ける人は、意固地になりつつもタバコを吸い続けるでしょうね。

でも、喫煙をする人に知ってもらいたいことは、喫煙を続けるとさまざまな弊害があるってことです。

女性にとって喫煙は弊害しか生まれない

喫煙をし続ければ健康被害のリスクが高いことは誰でも知っています。

それでも、自分だけはタバコの被害には合わないと思っていませんか?

人間いつかは天に召されるんだから、タバコを吸い続けても、天に召される日が早くなるだけと思っているだけでしょうね。

でも、女性にとって、喫煙は天に召される日が早まるだけじゃなく、顔に弊害が表れます。

俗に「タバコ顔」、「スモーカーズフェイス」と言われています。

喫煙による弊害が表れる一例

□目尻のシワが増え老けて見える。

□上まぶた、下まぶたのたるみ、老けて見える。

□目の下のくまが出て顔色が悪く見える。

□歯肉が黒ずんで、顔色が悪く見える。

□深いほうれい線や顔がやや浅黒くなり、顔色が悪く見える。

□肌の弾力がなくなり、老けて見える。

□吹き出物などの出て肌トラブルが多くなる。

など、個人差によりますが、長くタバコを吸っていると、上記のような肌の特徴が表れてきます。

肌健康と喫煙による健康被害が密接な関係

タバコを吸い続けるとさまざまな健康被害が起こります。

健康を害すると、もちろん肌に影響を与えます。

日々を追求する女性は、概ね健康的な生活を送っていますよね。

□バランスの良い食事を規則正しく食べる。

□十分な睡眠時間を得る。

□日々、軽めの運動を欠かさず行う。

これだけを守れば、健康的な生活が送れ、健康な肌を保てます。

それが喫煙習慣がある人は、ニコチンやタールにより健康を害します。

□ニコチンは、血管が収縮し、一酸化炭素が発生し酸素が不足することで代謝が悪くなり、肌に必要な潤いとハリを低下させます。

□タールは、歯肉を黒くし、口臭の原因にもなります。さらに煙草の煙は肌の黒ずみ引き起こすそうです。

女性にとって大事なビタミンCをタバコは破壊します。タバコ1本吸うと、レモン1個分のビタミンCを破壊すると言われています。

レモン1個分のビタミンCは50㎎なので、一日一箱タバコを吸う人は、約1000㎎のビタミンCを捨てているということです。

若々しく美しい肌を保つことに必死になっている女性が、タバコを吸い続けるということは、本当にもったいない話です。

まとめ

タバコを吸うことはひとつもメリットはありません。

ただタバコを吸う事による弊害しかありません。

今後、ますますタバコの煙のよる受動喫煙の防止が厳しくなり、家の外でタバコを吸う場所はなくなっていきます。

突然、タバコ一箱、1000円になる前に、意を決して禁煙をすることをおすすめします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)