戸建て住宅の宅配ボックスの仕組みはどのようなもの-マンションの宅配ボックスと違いは-

昨今、宅配ボックスが注目を集めています。

集合マンションの宅配ボックスの仕組みがなんとなく理解できますが、戸建ての宅配ボックスの仕組みってどのようになっているのでしょうか?

通販サイトが身近になり宅配ボックスの存在が注目

現物を見なくても安心して買えるものは、Amazonなどの通販サイトでワンクリックで購入します。

ワンクリックで気軽に購入できますが、日中仕事をしていると商品の受け取りに困りますよね。

たいてい宅配業者が配送に来るのは、日中の昼間で、夜家に帰ってきてポストを除くと、不在票が入っています。

申し訳ないと思いながら、日中の夜に再配達をお願いします。

その時思うのが、宅配ボックスがあれば、すぐに購入した商品が手に入り、再配達で宅配業者さんに迷惑をかけなくて一石二鳥って感じです。

でも、僕のように戸建てに住んでいる人は、どのように宅配ボックスを利用すればいいのでしょうか?

戸建ての宅配ボックスの仕組み

僕は物心ついた時から、戸建て住宅に住んでいたので、宅配ボックスがどのようなものなのか漠然としかわかりません。

でも、友達が住んでいるマンションのエントランスに、駅の構内で見る有料ロッカーに似た宅配ボックスがあります。

僕は友達に宅配ボックスをどのように利用するのか? どのような仕組みなのかを聞いたことがあります。

マンションにある宅配ボックスの仕組み

宅配ボックスは、マンションのオートロックの外側に設置されています。

そりゃそうですよね。オートロックの内部に宅配ボックスがあったら、不在宅の荷物を宅配業者は入れることができません。

宅配業者は、宅配先が不在だったら、オートロック手前にある宅配ボックスに荷物を入れます。

設置されている宅配ボックスの大きさは様々あり、ゴルフバックが入る大きさのものもあります。

宅配業者は、荷物を宅配ボックスに入れ、4ケタの暗証番号を設定して扉を閉めます。暗証番号は、宅配業者が任意に設定します。

宅配業者は、不在宅のポストに暗証番号を書いた不在票を投函し、家に帰った住民は、ポストに入った不在票に書かれている暗証番号を入力し、宅配ボックスから荷物を取り出します。

不在票には、「○番の宅配ボックスに、荷物を入れました。暗証番号は****です。」と言ったような文章が書かれています。

もちろん、不在票が他人に盗まれないように、カギのかかるポストに投函します。

現在のマンションでカギのかからないセキュリティの低いポストは存在しませんよね。

このように、不在でも宅配業者から配達された荷物をいつでも受け取りができる宅配ボックスは非常に便利ですよね。

戸建て住宅の宅配ボックスの仕組み

戸建て住宅の場合は、マンションのように玄関前や門の前に宅配ボックスを設置するのはなかなか難しい問題ですよね。

宅配ボックスの代わりに、段ボールを玄関前に置き、「宅配業者の人へ不在をしていますので、段ボールの中に荷物を入れておいてください。」と張り紙が貼るお宅もあるそうですよ。

段ボールの中にシャチハタが入っていて、荷物を段ボールに入れた宅配業者が印鑑を押すという下町的なシステム。

セキュリティー上、玄関先の段ボールに荷物を入れるなんてねと思いますが、再配達を頼む手間と再配達に来る宅配業者の手間と時間を思うと、ありですよね。

このように戸建て住宅の段ボールによる疑似宅配ボックスが進化し、宅配ボックスメーカーが戸建て用宅配ボックスを販売しています。

価格の安いものなら、宅配ボックスをワイヤーでドアノブや柱などのポールにつなぐことができ、宅配ボックスの扉(ふた)は宅配業者に南京錠でかけてもらう仕組みになっています。

この宅配ボックスの中には、シャチハタなどの印鑑が入るようにもなっています。

少し心配なのが、宅配ボックスのふたが南京錠でかかっているだけなので、荷物を盗もうと思えば、力ずくで南京錠を壊されることですよね。

簡易的な宅配ボックスではセキュリティ上心配な人は、アンカーなどで固定する据え置き型の宅配ボックスを販売しています。

据え置きタイプのほかにポールなどに取り付けるタイプもあります。

パナソニックらしく宅配ボックスのふたの施錠も印鑑の捺印もセキュリティー上安心なシステムになっています。

まとめ

ヤマト運輸は再配達を有料化を進めています。

有料化だけじゃなく午前中の時間指定もなくなるそうです。

ますます、共働きをしている家庭や一人ぐらいの人は、Amazonなどの通販サイトで購入した品物を受け取ることが困難となります。

その打開策として、宅配ボックスは有効な手段になります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)