再延期されて消費増税10%になるのはいつなのか気になってモノを買うタイミングは分からない?

geralt / Pixabay

4月になると気になるのことがひとつだけあります。

それは、いつ消費増税が10%になるのかということですよ。

消費税が段階的に増税され、最終的に10%になると言われ続けているのに、いまだに8%のまま。いつ消費税が10%に増税されるのでしょうかね。

今年こそは、5年以上使い続けたデスクトップパソコンとカタカタ音を立てながら印刷をするプリンターを買い替えたいし、新しい自転車も欲しくなってきたし、それなりに消費をしたいわけですよ。

そうなると、消費増税10%の動向が気になるわけです。

心情的には消費財8%の時に、欲しいものを買ってしまいたいですよね。

消費増税が10%になるのはあと2年半後

消費税8%から10%になるまで、あと2年半の猶予があります。

安倍首相は、昨年4月に起こった熊本地震による景気の影響を懸念して、平成28年5月30日に、2017年4月から始まる予定だった消費増税10%を延期しました。

そして、再延期された消費増税10%は、2019年(平成31年)10月に始まることが決定されました。

この記事を書いているのが2017年3月31日で、あと2年6か月は、消費税は8%なので、この間に今欲しいものをピックアップし、買ってしまうのがいいでしょうね。

消費税が2%上がると家計の負担はどれだけ多くなる?

「痛みっ」て、時間がたつと慣れてくるもんですよね。

2014年4月から始まった消費増税8%も3年もの月日が経ってしまえば、当たり前の事実として人々の生活の中に溶け込んでしまいます。

消費増税が5%から8%になって時には、「どれだけ一般市民に負担をさせればいいんだ!」とか「今後の生活が破たんしてしまう!」とかさんざん騒いだのに、今じゃ何の疑問を持たずに、8%の消費税を支払っているんですからね。

「痛み」って慣れてしまうんですよ。

でも今度は、消費増税10%ですよ。

家族を持っている人にとって最大の買い物である持ち家を買うことになると、トンデモナイほど消費税を支払うことになります。

例えば、建物価格3000万円になると、消費税8%なら240万円の消費税を支払い、消費税10%なら300万円の消費税を支払うことになります。

この差は60万円・・・家族4人で近くの海外旅行に行ける金額ですよね。

一番影響を受けるのが、日々の生活ですよ。

現在108円で買えるものが、2019年には110円で買わなくっちゃなりません。

今より2円余分に支払うわけですよ。当たり前のことですが、10個買うと20円余分に払うわけです。

まとめ

これから2年半たっても、僕の月の給与は変わることはありません。

それでも、2年半後は消費増税は10%になり、今の価格よりも2%多くお金を支払わなくては手に入りません。

今後は節約を視野に入れて行かないと生活が少し苦しくなるかもしれませんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)