東京観光でも都内近郊に住んでいる人でも楽しめる人気の日帰りはとバスツアーを紹介します

geralt / Pixabay

生まれたときからずっと東京近郊に住んでいますが、一度もはとバスツアーに行ったことがないんですよね。

はとバスというと、地方から東京に観光に来た人が利用するモノか、中国や韓国の人が日本に観光に来たときに利用するモノだと思っていました。

でも、ここ数年、はとバスツアーは、東京都内や東京近郊に住んでいる人にとっても魅力的なラインナップになってきました。

今回の記事は、東京近郊に住んでいる僕がはとバスツアーに参加したくなる人気の日帰り東京ツアーを紹介します。

暇な休日に1時間楽しめる東京バスツアー

「久しぶりに子供とどっかに出かけるか」と思いつつも、丸一日子供と過ごすのは疲れるし、アミューズメントパークに行くほどの時間もお金もないお父さん、お母さんにとって
、はとバスの短時間ツアーは結構おすすめですよ。

例えば、2階建てオープンバスで、東京都内の名所を駆け抜けるっていうのは、最高な気分になりますよ。

何と言っても、はとバスの目玉である2階建てオープンバスはオープンとだけあって2階は屋根がないので、空を飛んでいるような感覚で、東京タワー、銀座、虎ノ門ヒルズを眺められます。

ほんと、小学生や中学生の子供は、浮遊している感覚で東京の景色を眺めながらの走行に興奮するはずですよ。

【2階建てオープンバス】TOKYOパノラマドライブ(レインボーブリッジ&銀座)《6月まで》|はとバス|東京観光

このTOKYOパノラマドライブ・はとバスツアーは、大人1800円、子供900円で楽しめます。

TOKYOの夜景を楽しめるはとバスツアー

晴れた日に2階建てオープンバスの2階で東京の街並みを楽しむのもそれまたいいですけど、やはりおすすめは東京の夜景ですよ。

日が暮れ、高層ビルやテナントビルから溢れる光が東京の街を彩る風景を眺めるのは、なんとも気持ちが浮き立ちますよね。

このはとバスツアーは、夕方18時半に東京駅丸の内南口から出発をするので、休日に参加するよりも定時に会社を出て、参加するのがおすすめです。

東京都内で仕事をしてヘロヘロなのに、あえて東京都内の夜景を見なくても思いでしょうが、2階建てオープンバスの上で見る東京の風景は、特別ですよ。

料金も比較的リーズナブルで大人2900円となっていて、彼女(彼氏)を誘って、約2時間半、夜の東京を二人で楽しむのはいいじゃありませんか。

僕も時間を見て、妻と二人で、この「【2階建てオープンバス】極まるTOKYO夜景」に参加してみようかと真剣に考えています。

結婚記念日なんていうものいいかもしれません。

【2階建てオープンバス】極まるTOKYO夜景
【2階建てオープンバス】極まるTOKYO夜景|はとバス|東京観光

夜のはとバスで楽しい時を過ごす「ニューハーフショー」

女性よりも女性らしいと噂のニューハーフショーが楽しめるはとバスツアーです。

もう、はとバスツアーである必要がないのでは?と思うでしょうが、はとバスじゃなければ、このような企画を思いつきもしませんよ。

このツアーは日比谷「柿安 三尺三寸箸」での夕食と六本木「香和」でのニューハーフショーがセットになっています。

料金も大人9980円で、結構リーズナブルで参加しやすい金額ではないでしょうか?

一人で参加するよりも、会社の同僚や彼女(彼氏)と行くもがいいかもしれません。

ニューハーフがご案内 六本木香和と柿安三尺三寸箸のブッフェ|はとバス|東京観光

まとめ

地方から東京観光に来た人も僕のように東京都内、近郊に住んでいる人もはとバスツアーは、料金もリーズナブなうえ、はとバスじゃなければこんな企画は出ないという魅力的なものばかりでおすすめですよ。

おすすめしている僕は、一度もはとバスツアーに参加をしていないので、今度の休みでも妻を誘って、2階建てオープンバスで東京を楽しんでみようかと思います。

ほんとはとバスって、東京観光になくてはならない存在ですよね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)