Amazonプライムビデオ、電子書籍を見るなら、断然、NEW Fire7タブレットをおすすめする理由

PIX1861 / Pixabay

2015年9月24日から日本で始まったAmazonプライムビデオにハマり、暇さえあれば、映画や改題ドラマを見ていますよ。

特に、Amazonオリジナルドラマ「スニーキー・ピート」のあまりの面白さに、一気見してしまいました。

本当にAmazonプライムビデオとAmazonミュージックのためにAmazonプライム会員になっても、絶対に損はしませんよ。

今回、2017年の新しいFire7タブレットとFireHD8タブレットが発売されます。

プライムビデオのためにiPadminiによりもFire7を買うのがおすすめ

プライム会員なら、1台はFire7タブレットは買ったほうがいいですよ。

今ならプライム会員限定で、通常8,980円で販売されているFire7タブレットが4,000円引きの4,980円で買うことが出来ます。

「4,980円で買えるタブレットなんて、まともに使えるの?」と思うでしょうが、Fire7タブレットほどコストパフォーマンスに優れたタブレットは、他には売っていません。

Fire7タブレットのスペックを見てみると、

□ティスプレイサイズ:7インチ
□解像度:1024×600(171ppi)
□プロセッサ:クワッドコア1.3GHz
□ストレージ:8GB
□外部メモリ:256GBmicroSDカードスロットあり
□フロントカメラ・リアカメラ:あり
□Wi-Fi:デュアルバンド a/b/g/n
□バッテリー:8時間
□サイズ:192 x 115 x 9.6mm
□重さ:295g

上記のスペックを見て、「ほっほー」と納得するのは、パソコンやスマートフォンの知識がある人だけです。

僕がFire7タブレットと併用して使っているのが、Appleの第一世代のiPadminiです。

はっきり言って、発売から7年近くたっている第一世代iPadminiは動作がもっさりで、ストレスが溜まります。

プライムビデオアプリで映画や海外ドラマを見ている分は、ストレスを感じることはありませんが、SafariでネットサーフィンやiOSアプリを使うには、プロセッサやメモリー不足でストレスが溜まります。

それでも、第一世代のiPadminiは、中古パソコンショップなどでは14,800円で売っています。

iPadminiのスペックは、

□ティスプレイサイズ:7.9インチ
□解像度:1024×768(163ppi)
□プロセッサ:ディアルコア1.0GHz
□ストレージ:16GB
□外部メモリ:なし
□フロントカメラ・リアカメラ:あり
□Wi-Fi:デュアルバンド a/b/g/n
□バッテリー:10時間
□サイズ:200×134.7×7.2mm
□重さ:308g

4980円のFire7タブレットと中古価格14,800円のiPadminiを比較しても、ディスプレイサイズ以外はほとんど変わりありません。

それよりもプロセッサの違いにより、Fire7タブレットのほうがiPadminiよりも動作スピードが早くストレスを感じません。

普段使いで重要なポイントは、ディスプレイサイズよりもストレスを感じない動作スピードが早いことです。

Amazonプライムビデオ、プライムミュージック、電子書籍(Kindle)、YouTube、ネットサーフィンをメインに使うなら、iPadminiを購入するよりも、断然、4980円で購入できる新品のFire7タブレットがおすすめです。

Fire HD8タブレットよりもFire7タブレットがおすすめ

「8インチディスプレイサイズのFire HD8タブレットと7インチディスプレイサイズのFire7タブレットのどちらがおすすめ?」というサイトを見てみると、両方の差は3000円しかないので、7980円(プライム会員限定価格)のFire HD8タブレットを買うのをおすすめしているところが多いですね。

Amazonプレイムビデオをメインに考えるのであれば、Fire7タブレットで十分です。

Amazonプライムビデオで配信している画質は、最高でHD画質で、Bru-rayディスクと同程度の1080pまでの解像度(1280×720)です。

Fire7タブレットの解像度は、1024 x 600 でHD画質には少し足りませんが、標準画質(SD)と高画質(HD)を、解像度1366×768のノートパソコンで見ても、画質の差を感じることはありません。

それよりも、プライム会員なら4980円で買えるFire7タブレットのコストパフォーマンスの高さを尊重すべきです。

さらに、電子書籍で雑誌を見るなら、ディスプレイサイズとドットの細かさdpiが重要なポイントとなり、Fire7タブレットよりもFire HD8タブレットの方が、軍配が上がります。

が、通勤電車の中や外出先で動画や電子書籍を見るなら、ディスプレイよりも本体のサイズと重量が小さいFire7タブレットがおすすめです。


まとめ

Amazonプライム会員なら、期間限定ですが、4980円で買えるFire7タブレットがおすすめです。

Amazonプライム会員だけど、一度もプライムビデオを見たこともないし、Amazonミュージックも聞かないという人は、絶対に損をしていますよ。

今回、5000円でお釣りがくるFire7タブレットを買うことで、人生に潤いを与えてくれそうな映画やドラマを見ることは、時間を無駄にしているわけじゃないことがわかりますよ。

持ち運びにちょうどいいサイズと重さのFire7タブレットを買うことで、スキマ時間を有効活用出来ますしね。

Amazonプライム会員じゃない人は、プライムビデオとAmazonミュージックとFire7タブレットのために、入会しても損はありません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)