休日あとの月曜日に、サラリーマンが便秘になる6つ原因と3つの改善方法を教えます

Alexas_Fotos / Pixabay

なぜか、土日の休日明けの月曜日に朝に便秘になる人が多いのではないでしょうか?

週初めの月曜日の朝から、便秘に悩まされて会社に行くのでは、仕事に対するモチベーションに影響をしますよね。

今回の記事は、なぜ?休日あとの月曜日に、便秘に悩まされるのか原因と理由を述べ、その改善方法を説明します。

便秘になる原因

健康な人は、1日に1回排便がありますが、何かしらの理由により自然な排便のメカニズムが乱れ、長い時間、排泄物が腸内(お腹の中)にたまる現象です。

この現象により、不快だと感じるのが”便秘”ということです。

便秘になる原因は、生活習慣の問題とストレスにより引き起こされます。

生活習慣の問題として、食生活に問題があるのと睡眠不足や運動不足の3つに分かれます。

悪玉菌増加

動物性タンパク質や脂肪分の多い肉類の取り過ぎにより、大腸や直腸に悪玉菌を増やし腸内環境が悪化することによって、便秘が起こります。

悪玉菌とは、有害物質を発生させ、腸内に腐敗物を溜め込みます。

さらに、腸内に生息し健康維持に貢献してくれる善玉菌の働きを抑制します。悪玉菌が善玉菌を抑制することにより、腸内が健康な状態でなくなるわけです。

食物繊維部族

野菜などの食物繊維が不足していることにより、便秘が起こります。

食物繊維が不足すると、便のボリュームを増やすことができにくく、さらに腸のぜん動運動(便を腸から肛門へ運ぶ動き)を鈍らせるので便秘になりやすくなります。

食物繊維は、体内の不要な物質を体外に排出しやすくする働きをします。

水分不足

水分不足になると、体内の水分が減ってきて、それ以上体内の水分を減らさないように、大腸に溜まっている便の水分を吸収して補完しようとします。

水分を失った便は硬くなっているので、肛門から出るのが難しくなるわけです。

睡眠不足

睡眠不足の人は、ライフサイクルが不安定なことが多いはずです。

排便はライフサイクルの中で、規則正しく行われるもので、朝は排便、昼は消化、夜は吸収を促すように出来ています。

夜の睡眠時間が少ないと便が上手に作られず、さらに睡眠不足になると自律神経のバランスがあれて、排便に大切な朝の時間を逃してしまいます。

朝の排便時間を逃し、昼をむかえると次は消化モードに入り、夜には吸収モードに入るので、その日1日排便をする機会を逃してしまうことになり、便秘になってしまうわけです。

運動不足

排便を促すのに腹部の筋肉(腹筋)が必要になります。

運動不足になると必要な筋肉が衰え、腹筋の力も弱くなっています。

運動をすると腹筋を鍛えるだけじゃなく、腸のぜん動運動(便を腸から肛門へ運ぶ動き)も促します。

精神的ストレス

精神的ストレスが溜まってくると自律神経のバランスが乱れ、大腸の消化機能に影響をあたえ便秘になりやすくなります。

週明けに便秘にならない3つの改善方法

主な便秘になる原因を見ていると、僕が週明けの月曜日に決まって便秘になる理由が見えてきます。

理由が見えてくると、それに対する改善方法もわかってくるというわけですよ。

休日はジャンクフードを減らし、野菜を食べる

平日は結構、バランスの取れた食事をしていますが、休日は、「さあ、土曜の夜は、焼肉でも食べに行こう」とか「日曜の昼は、吉野家の牛丼にしようか」と「平日一生懸命に仕事をしたんだから、休日は自分の好きなものを食べてもバチは当たらない」となるわけです。

休日は焼肉やマクドナルドなどのファストフード、デリバリーピザと食べることで、大腸に悪玉菌を増やし、さらに野菜を食べなくなるので、食物繊維が不足します。

ということは、週明けの月曜日の朝、便秘にならないようにするためには、焼肉屋やファイストフード、ピザを食べるのを減らし、毎食に野菜を食べることでしょうね。

平日と同じライフサイクルにする

金曜の夜になると、「待ちに待った週末だ。夜遅くまでゲームをやろう」と金曜・土曜の夜は、遅くまでゲームや映画を楽しんでいます。

そして、朝は平日に起きる時間よりも遅い時間に起きてきます。

便を作るのに大切な睡眠時間にゲームや映画を楽しみ、朝の大切な排出時間はまだ眠っているという排便のライフサイクルを狂わせているわけです。

休みだからと言って、排便のライフサイクルを乱す生活をやめにして、平日と同じ時間に寝て起きるというライフサイクルにすれば、週明けの月曜の朝、便秘にならないということです。

休日は1時間ほどランニングをする

排便を促すのは、腹筋を鍛えることです。

そのために、僕は二日間ある休日のどちらか1日は外に出て1時間ほどランニングをします。

もちろん、便秘にならないためにランニングをはじめたわけではなく、日頃の運動不足を改善し、体力向上とダイエットのためです。

ランニングにより腹筋を鍛えるだけではなく、体を動かすことにより精神的なストレスも解消され、自律神経のバランスも改善され、大腸のよい影響を与えます。

まとめ

僕はあまり腸が強い方でなく、少しでもライフサイクルが乱れてくると、便秘になったり、下痢になったりします。

ここ数年、ゴールデンウィークや盆休み、正月休みなどの長期休みや週明けの月曜日は決まって便秘になります。

僕と同様に便秘に悩んでいる人は、今回の記事を読んでみて、

・ジャンクフードを食べるのを少なくし、意識的に野菜を食べること

・夜更かしをせずに、早起きをすること

・休日の1日、運動をすること

を実行すれば、便秘に悩まされることはなくなるはずです。


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)