重量(ウエイト)が軽いお菓子は、太らないという理由とお菓子との距離の置き方


「毎日、お菓子を食べているから太るし、やせられない」と嘆いているだけで、間食のお菓子がやめられない人って多いのでは? 僕もお菓子が好きで、特に甘いもの(スイーツ系)に目がなく、「お菓子をひかえなくては」と思いつつも食べてしまいます。

どこで聞いたのか思い出せませんが、「重量が軽いお菓子は太らなくて、重量が重いお菓子は太りやすい」と言う話があります。「ケーキは重量が重いので太りやすい」、「ポテトチップスは重量が軽いので太りにくい」ということです。

本当に重量によってお菓子は太りにくい食べ物になってり、太りやすい食べ物になったりするのでしょうか

重量が軽いお菓子は太るのか

結論から言うと、お菓子の重量が重い軽いで太る太らないという科学的根拠はありません

それは、太る原因として1日にどれだけカロリーを取ったからが重要だからです。お菓子の重量が重い=カロリーが高いという図式にはなりませんよね。
カロリーというのは、僕らが生きていくのに必要なエネルギーの単位です。人や動物がエネルギーを摂取して、活動することによってエネルギーを消費します。成人男性の1日に必要なエネルギーは約1500キロカロリー、成人女性は約1100キロカロリーになります。

カロリーの高い食べ物を食べると太るというのは、1日に消費するカロリー以上のカロリーを摂取し、余ったカロリーが体にたまるのです。

炭水化物、タンパク質、脂質の3種類が主なカロリーになります。重量が重いお菓子が太るというイメージは、”炭水化物”が多く含まれていると思っているからです。砂糖は炭水化物なので、特に太るというイメージなのでしょうね。

主なお菓子の主観的な重量とカロリーを表にしてみました。

お菓子名 重量(重い?軽い?) カロリー(Kcal)/100グラムあたり
大福もち 重い 235
どら焼き 重い 284
最中 少し軽い 285
シュークリーム 軽い 245
ショートケーキ 重い 245
せんべい 軽い 382
ポテトチップス 軽い 554
チョコレート 重い 513

食べ物の成分に疎い人は、あんこがたっぷり入っている大福もちやどら焼きは、カロリーが高く太りやすいと勘違いをてしまいます。重量が重いお菓子は甘いものが多いからかも知れません。

見た目も実際に持っていても重量が軽いポテトチップスが一番カロリーが高く、毎日食べ続ければ、間違いなく太りそうなお菓子です。ポテトチップスはあんこものの大福もちやどら焼きの比較しても、脂質、糖質とも高いお菓子です。

脂質は糖質と比べてカロリーが高く、脂質は太る手助けをします。糖質ダイエットは、糖質を制限する方法で、摂取した糖質は消費されないと脂肪になって蓄えられるからです。

だから、脂肪と糖質の率が高いポテトチップスは、太りやすいお菓子なのです。

以上のことから、重量が重いお菓子だからと言って、カロリーが高く太りやすいとは言えません。



そもそもお菓子は本当に太るのか

そもそも、お菓子を食べると本当に太るのか?という疑問があります。それは、お菓子を食べない日はない僕は、見た目はスマートで身長172センチで体重62キロです。どちらかというと、ガリですよね。

なぜかと言うと、ご飯の間に少しお菓子を食べてしまうので、メインのご飯をあまり食べないというわけです。毎日、お菓子を食べているからといっても、多くのカロリーを摂取していないからです。

太るというのは、多くのカロリーを摂取して、あまりカロリーを消費しなければいいのです。僕はお菓子を食べても1日の摂取するカロリーが多くないうえに、仕事で多少体を動かしているからです。

だから、お菓子を食べたからと言っても、カロリー過多になるほど食べなければ太りません。ただ、お菓子とご飯の食べるバランスが半々だったら栄養不足で体を壊すことになるでしょうね。

お菓子を食べても太るという人の特徴

お菓子を食べても太るという人は、メインのご飯をしっかり食べ、間食のお菓子も欠かさず食べ、なおかつ寝る直前までお菓子を食べているはずです。1日のカロリーの摂取量がハンパないはずです。

ご飯もお菓子も多く食べる人は、ダラダラとお菓子を食べないことを心がけ、決まった時間に決まった量を食べるようにするのです。必ず、食べるお菓子のカロリーを意識することです。

大いにして、ダラダラとお菓子を食べる人の特徴として、

□電車の中や歩きながらでもお菓子を食べる人

□自分へのご褒美にお菓子やスイーツを買ってしまう人

□ほとんど運動をしない。スポーツジムに通っていても、ふだん体を動かす習慣がない人

□家に体重計がない、もしくはいつ体重計に乗ったのか記憶がない人
要するに、口では「ダイエットしないとヤバイ」とか「明日からお菓子を食べる回数と量を減らそう」と言っても傍から聞いていれば、「本気で痩せる気ないでしょう」と思いますよね。

手持ちぶさたになるとついついお菓子を食べてしまう人は、カバンや会社の机の引き出しにお菓子がストックされているはずです。小腹が空いたからお菓子を食べるのではなく、食べたいから食べるのです。

食べることに自分で規制が効かなくなり、お菓子が食べられない状況にストレスを感じ、そのストレスを発散するために食べてしまうのです。これはけして過食症などの病気ではなく、ただ我慢することが嫌いで、目先の利益を優先してしまう、まあだらしがない

まとめ

お菓子の重量で太るというのは根も葉もない話です。太る原因は、多くのカロリーを摂取し、摂取した分を消費できない人だけです。お菓子が悪いのではなく、お菓子を食べ過ぎているからです。

太っている人は、まずお菓子との距離をとり、カバンや机の引き出しにお菓子をストックしないことから始めましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)