中年になると太る原因は基礎代謝量が減るため:太らないために対策を紹介します

40歳を過ぎて、今までと同じような食事をしていても、お腹周りに少しずつ肉がつき、半年ごとに1キロずつ増えています。

20代、30代の時と変わらない食事のメニューと量のはずなのになぜ太ってしまうのでしょうね。30代までは、生姜焼きやハンバークなどの肉料理を選んで食べていましたが、40代になってから肉料理よりも焼き魚や魚の煮付けを好んで食べています。

肉料理よりも魚料理、野菜料理を中心に食べているのに、なぜ、太ってくるのでしょうかね。
さらに、お酒もタバコもやらず、飲み会は忘年会や新年会、歓送迎会以外は出席せず、ほぼ自宅で夕食をとっています。

今回の記事は、中年になって、20代、30代と同じ食事をしているのに太る原因と太らないために対策を紹介します。

中年になって太る理由

まず、太る原因は、白米や麺類などの糖質類を食べてことで摂取されたエネルギーが、体などを動かしたときに消費するエネルギーを上回った時に、内臓脂肪として貯えられるためです。消費エネルギーは、体を動かすばかりではなく、体をじっとしていても減ります。

それは、基礎代謝量といいます。

基礎代謝量は、肺や口、鼻で呼吸したときや心臓が鼓動したときなど、生きるために消費されるエネルギーです。体をじっとしていても、必要最低限のエネルギーを使います。成人男性は約1,500キロカロリー、精神女性で1,200キロカロリーとされています。

中年になると老化現象のひとつとして基礎代謝量が減っていきます。老化現象は、壮年期を過ぎた40代から起こります。

まず、老化現象の特徴として、

□しわが深まり、肌の弾力がなくなる
□髪が白髪になり、毛が抜けてくる
□視力がだんだん衰え、ピントが合いにくく老眼になる
□聴力がだんだん衰える
□筋力が低下し、運動神経も衰え、バランス感覚、反射神経も鈍ってくる等々。

老化現象の特徴としてあげた”筋肉量の低下”が、基礎代謝量が減ることと関係があります。基礎代謝量のエネルギーを消費する部位として、手や足などの骨格筋と肝臓と脳です。骨格肉は筋肉の一部で、骨格を動かす筋肉のことです。

筋肉の基礎代謝は、体温を常にキープするために使われています。筋肉が落ちてしまうと体温維持がしくにく、基礎代謝量が下がってしまうわけです。

筋肉量が減り、基礎代謝量が減るということは、20代、30代に比べて消費エネルギーをあまり使っていないということです。今までと同じ量の食べ物を取っていたいのでは、消費されないエネルギーが体の中で余り、中性脂肪がたまります。

ということで、中年になると老化現象により筋肉量が減り、基礎代謝量も減るので、太りやすくなるということです。

中年になって太らないための対策

中年になると筋肉量が減るため基礎代謝量が減ります。それにより消費されるエネルギーの量が20代、30代と比べて少なくなることがわかっています。以上のことを踏まえると、中年になっても太りにくい対策、改善方法が見えてきますよね。

筋肉量を増やす

筋肉量を増やせば、基礎代謝量が増えます。筋肉量を増やすためには習慣的に運動をすることで改善されます。まず、日常生活の中で積極的に体を動かすことを意識することです。

僕は、日常生活の中で以下のことを実施し積極的に体を動かしています。

□通勤時、最寄りも駅から2駅先まで自転車で移動。時間があれば歩く。
□駅でも会社でもエスカレーターやエレベーターを極力使わないで歩く。

さらに休日は、以下のことを実施し積極的に運動をしています。

□1時間あるいは10キロランニング(週に2回)

というわけです。中年になるまで僕は運動経験をもっていません。運動する習慣がないので、友達や会社の同僚たちとサッカーや野球、バスケットボールなどスポーツを定期的にやることもありません。僕がランニングをするのは、中年太りを解消するため、筋肉と体力をつけるためです。

食べる量を減らす

日常的に積極的に動き、週末に運動をしても、それだけでは中年太りを阻止するのは難しいですよね。太らないために一番効果的なのが食べる量を減らすことです。

中年になると基礎代謝量が減っているので、20代、30代と同じ量を食べるとエネルギーが消費されず、中性脂肪が増えていきます。言い換えれば、中年になれば、それほど食べなくても大丈夫ということです。

まず僕は、お腹いっぱい食べるのをやめて、腹八分目でやめるようにしています。白米は、100円ショップで売っているようなお茶碗に1杯だけにしています。

子供がいる家庭は、どうしてもおかずは肉料理中心になりがちですが、我が家は魚の日を週に2回、野菜中心の日を週に1回にしています。

とにかく、中年になったら食事の量を減らし、太りにくいようにすることです。

特にお酒を飲む人は要注意です。居酒屋など外で飲むことを少なくし、なるべく家に飲みにすることです。会社の同僚や友達と居酒屋に飲みにいくと、ついつい食べすぎてしまうものです。

まとめ

中年なると老化現象としていろいろなことが起こります。今までと同じ量を食べているにかかわらず、少しずつ太ってしまう中年太りという現象に、中年であることに悲しみを持ちました。

「自分だけは、お腹のぽっこり出ている中年オヤジと違うんだ!」と強く思うなら、日常的に体を動かし、週末は2時間ほど運動をし、食べる量を減らすことです。

それだけで3ヶ月後、自分の姿は変わってくるはずです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)