毎日、コンビニでアメ(キャンディ)を買って食べるのを辞める方法【悪い習慣、甘いものを断ち切る2つの方法】

stevepb / Pixabay

はい、僕は甘いものが大好きです。「ダメだ。ダメだ」と思いつつも、ほぼ毎日、通勤途中のコンビニでアメ(キャンディ)を買ってしまいます。毎日、一袋のアメを買って食べたら、体にも悪いし、無駄にお金を遣っているので、この悪い習慣を断ち切りたいと思っています。

どのようにしたら、コンビニでアメ(キャンディ)を買って食べるという悪い習慣を断ち切ったらいいのでしょうか? さらに、こんなに毎日アメ(キャンディ)を食べたら糖尿病になる可能性があるのではないでしょうか?

1ヶ月でどれだけアメ(キャンディ)を買っているのか?

毎日、アメをコンビニで買っているといっても、袋のアメを買っているわけではありません。1本10粒や12粒入りのハイチュウやホールズを買っています。さすがに毎日1袋食べてしまってはダメだなと思いの表れです。

ハイチュウ1本、税込み103円とすると1ヶ月で103円×20日=2060円。1年で24720円になります。まあ、月2060円なら、家族持ちで小遣い制の僕でも、それほど金銭的な負担は感じません。

アメ(キャンディ)と糖尿病は関係ないの?

月2060円のアメ代よりも毎日、ハイチュウ1本を食べ続けたら、糖尿病になってしまうのではないかという心配があります。でも、ハイチュウを1日1本食べたからと言って糖尿病になるわけではありません。甘いものを食べたからと言って糖尿病になるというのはウソです。

なぜならば、ハイチュウを一日一本食べても、大したカロリーになりませし、糖質のそれほど多くありません。

糖尿病とは、すい臓から出るインスリンの量が少なく、血糖値を下げることが出来なくなる病気です。血糖値が下がらず高いままだと、血液がどろどろになり、血管が詰まりやすくなり、動脈硬化を引き起こします。ようは、すい臓が悪くなると糖尿病になるということです。

すい臓に負担がかかる要因としては、

・炭水化物の過剰摂取
・糖質の過剰摂取
・肥満
・運動不足

と言われています。

ハイチュウ、ひと粒で約19キロカロリー。ハイチュウ1本、12粒なので、1本当たり228キロカロリーほどです。成人男性の一日の必要カロリーが約2300キロカロリーになります。

ハイチュウを一日1本食べたからと言って、カロリーの過剰摂取にはなりません。ハイチュウが糖尿病の原因になるよりも、虫歯になる可能性の方が高いですよ。

悪い習慣を断ち切る方法

アメ(キャンディ)を毎日、1本または一袋食べたからといって、金銭的にもそれほどの負担はなく、糖尿病の直接的な原因にもなりません。それならば、苦労してやめる必要はないともいえるかもしれません。

でも、長い月日で考えると、毎日アメ(キャンデ)を食べ続けることは、デメリットばかりでメリットはひとつもありません。これこそ悪い習慣の特徴です。

その場の快楽を得るだけで、それ以外にまったくメリットはありません。

では、どのようにして悪い習慣を断ち切ればいいのか考えてみました。

悪いイメージをもつ

7年ほど前に僕は禁煙を試み、いまだに継続中です。禁煙が成功した方法の一つとして、アレン・カー著の「禁煙セラピー」を読んだことです。

「禁煙セラピー」を読んで、「たばこを吸うことはひとつもメリットがなく、ただ体にダメージを与えているだけ」、「たばこを吸うことは毒を飲んでいるようなものだ」という強いイメージを植えつけられました。

本当、「たばこを吸うこと」がトラウマになったほど強烈なインパクトを与えられました。

このようにアメを食べ続けることがトラウマになるほどの悪いイメージを頭に植え付けることです。

・アメを食べ続けると虫歯になり、最終的にはほとんどの歯がダメになり、入れ歯になる。

・アメばかり食べている父親を子供が見て、「ダメな親だ」、「子供みたいな親だ」と思われる。

・1日1本または一袋のアメが、時間とともに1日2本またはふた袋のアメを食べるようになり、結局は糖尿病になる。

それにより、「アメを見る→食べる→満足する→繰り返す」という悪い習慣を、「アメを見る→イヤな気持ちになる→食べない」という悪いイメージを持つことで、アメを食べる習慣をなくしていきます。

代用を与える

悪い習慣を断ち切るポイントとして、急にやめないで、徐々にやめていくことです。急にやめてしまうと大変なストレスになり、そのストレスに耐えきれず、結局は元に戻ってしまうパターンが多いからです。

だから、アメを食べる代わりのモノを手元に置いておきます。それは、水やミネラルウォーターです。

アメが食べたいかと思ったら、すかさず水を飲むことで、アメを食べたいという欲求を押さえてくれます。それでもダメだったら、アメを一粒食べます。この行為は、悪い習慣をやめることの多大なストレスを軽減させてくれます。

たばこと違って、アメを一粒食べたからと言って、体に悪いわけではありません。完全にアメを断ち切るというわけではなく、人並み程度になればいいという緩い考えで、徐々に悪い習慣を断ち切ってみましょう。

まとめ

アメを毎日食べ続けているという悪い習慣をぜひ断ち切りたいと思っています。僕のように誰でもやめなくてはと思う悪い習慣をもっているはずです。

悪い習慣を持つことよりも良い習慣を手に入れて、豊かな人生にしたいものです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)