老眼の僕が「1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真」を買った3つの理由

中年になるとさまざまな困ったことが起こります。

小さな文字が見えにくくなる老眼に悩むが手にした本

本当に40歳を過ぎ、中年になるとさまざまな困ったことが起こります。

・ものごとをすぐに忘れてしまう ・少し走っただけで息が切れる ・前日の疲れがなかなかとれない ・足が思いのほか上がらずに段差などで転びそうになる など40歳になるまで想像できなかったことが次々と起こるんですよね。

その中で特に日常で困るのが、小さな文字がボヤケてよく見えない、いわゆる老眼という現象ですよ。この老眼というものが中年になって特に厄介で、小さな文字を読むたびに、イラッとさせられます。

スマートフォンやタブレットを手にするようになってからは、小説、新書、マンガ、雑誌はほとんど電子書籍で購入して読んでいます。老眼になってから、文字の拡大が出来ないマンガや雑誌を7インチディスプレイサイズのタブレットで読むのに苦労しています。

マンガを読み始めてからなかなかピントが合わず、セリフがボヤッとしか見えず、イライラしますよ。マンガや雑誌を電子書籍で読むために、7インチタブレットから10インチタブレットに鞍替えしようかと思ってほどです。

ここ1年、老眼に悩まされた僕が、紙の新聞の広告欄で見つけたのが、林田康隆さん著作の「1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真」です。たった1日1分写真を見るだけで、目が良くなり、老眼が改善されるなんて信じられませんよね。

巷で話題の怪しいダイエット本や大した努力をしなくてもお金持ちになれる成功本よりも、眼に悩まされた僕にとって「1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真」のほうが、グッと心が奪われました。「もしかして老眼が改善されるかも?」と思わせるほどのインパクトを与えられましたよ。

「1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真」を買った3つの理由

数万円もする怪しい情報商材を買ったことは一度もありませんが、「誰でも月10万円稼げる方法」や「アフィリエイトで月10万円稼ぐノウハウ」などの成功本を何十冊も買った経験を持つも僕です。まさに、赤子の手をひねるより簡単に、「1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真」を買ってしまいましたね。

「1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真」は、老眼で悩む僕が、「もしかして老眼が少しでも改善されるかも?」と思わせる内容が書かれています。

9割の人が目がかなり良くなったと実感といううたい文句

「庶民は頭のいい人に利用され、お金を浪費されているな。」って思いますよね。

すべての人が「1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真」を読んで目が良くなるといううたい文句じゃ信ぴょう性を疑いますが、「9割」という「10人にひとりは目が良くはならないけど、あとの9人は目が良くなった」という数値に真実味を与えます。

著者の林田康隆さんがすごい人

さらに、「1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真」は、眼科専門医の林田康隆さんが書かれています。林田康隆さんは、Y’sサイエンスクリニック広尾の院長で、医学博士でという経歴の持ち主です。

でも、Y’sサイエンスクリニック広尾は、アンチエイジング専門のクリニックで、眼科ではないんですよね。「あれ?」って思いますが、林田康隆さんは、過去に大阪大学大学院医学系研究科、米国フロリダ州マイアミ・オキュラーサーフェスセンターにて眼表面の再生医療を中心とした幹細胞研究に携わり、現在は主に大阪で難治性白内障手術や網膜硝子体手術等に取り組んでいます。

Y’sサイエンスクリニック広尾の院長は、お金を稼ぐための方法といった感じでしょうかね。

このように、目の専門家である林田康隆さんが書いた「1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真」の信ぴょう性は高いと思わざる得ないですよ。世の中に認められた実績を持つ人、医学博士の称号を持つ人にめっぽう弱いわけですよね、学のない僕にとっては。

医師 林田康隆 先生のプロフィール(監修記事・専門分野・本・ブログなど) | ヘルスケア大学

Y’sサイエンスクリニック広尾 アンチエイジング治療 | 最先端の美容皮膚科とアンチエイジング治療

体験者のコメントがグッとくる

実際に書店で「1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真」を手にとって見てもらえればわかりますが、100ページにも満たない薄い本なんですよ。さらに、ざっと本の中に目を通せば、大きな文字に、小学生高学年でもわかるような平たい文章。

小難しい目のことに関するダラダラと説明するのではなく、「目がよくなる2つポイント」、「実地するに当たっての5つのポイント」、「体験談」、「28日間のすごい写真」、「6つの目のトレーニング方法」というシンプルに構成になっています。

「体験談」は、信ぴょう性を高めるのに有効な手段になっています。老眼の50代の人が、「1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真」を体験して、「10日ほどで目のピントが合いやすくなった」というのは、僕の心にグッと来ましたね。

まとめ

今回の記事を書いている時点では、まだ「1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真」を実行していないので、僕の老眼がどれほど改善されたのか?もしくはまったく変わらないのかはわかりません。

とにかく、28日間、1日1枚の写真を見続けることで、どのように目に変化が起きたのかを報告いたします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)