Apple WatchやPebble timeなどのスマートウォッチを身につけることで生活の何かが変わる2つの理由

image

Pebble timeを腕にしている僕を見て、「スマートウォッチをつけて、どうするの? 何か変わるの?」という質問を会社の同僚にされます。

Apple Watchという時計型のデバイスの存在を知っている人は多くいますが、実際にApple WatchやPebble timeなどのスマートウォッチで何が出来るのか? スマートウォッチを日常することで生活に何か変化が起きるのか?ということを知らない人がほとんどです。

では、お風呂に入る以外は常にスマートウォッチ「Pebble time」を腕につけて、1週間ほど生活をしてみた僕が、スマートウォッチをすることでどのように生活に変化が起きたのか? どのように便利になったのかを今回の記事で書いていきます。

スマートフォンからの通知を教えてくれるので、スムーズに物事を消化できる

僕はPebble timeというスマートフォンを常に腕につけて生活をしています。そのため、Pebble timeのことは分かりますが、Apple Watchのことは、雑誌やネットの情報くらいしか分かりませんが、Pebble timeで出来ることは、Apple Watchで出来ます。

スマートウォッチは単体では、ただの時計としてしか役割を持ちません。スマートフォンと連帯してスマートウォッチは、様々な機能が使えます。近い将来的には、スマートウォッチにSIMカードが入り、単体で通信が出来るようになれば、今の現状と変わる可能性がありますが、現状は、スマートフォンの補助的機能を持つデバイス、スマートフォンの外部デバイスとしてスマートウォッチが存在します。

で、スマートウォッチがスマートフォンの外部デバイスとして、重要な機能は、スマートフォンのアプリからのさまざまな通知をうけ、バイブレーションや音で教えてくれるということです。「スマートウォッチって必要なの?」と考える人は、「スマートウォッチが振動して通知を知らせてくれなくても、スマートフォンだけでわかるのに、必要なの?」と言う人は多いですね。

そのように言う人に言いたいですね。「常にスマートフォンを見て、仕事や生活をしているのですか?」と。

スマートウォッチを身につける前は、作業の合間にチラチラとスマートウォッチの通知を確認していました。得意先にいる時や会議や打ち合わせの時は、スマートウォッチの音やバイブレーションをオフにしています。その間は、メールやLINEが来ても分かりません。

ですが、スマートウォッチを腕につけるようになって、スマートフォンをかばんの中やスーツのポケットに入れていても、LINEがくれば、スマートウォッチが振動し、誰が、どんな文章を送ってくれたのかを表示します。LINEだけじゃなく、電話やメール、ツイッターの着信も振動して教えてくれます。

すべての通知をスマートウォッチで受けていたのでは、絶えず振動し、落ち着けないので、僕はLINEと仕事用のメールだけをスマートウォッチに通知するようにしています。

スマートウォッチを身につけてから、合間にスマートフォンをかばんやスーツのポケットから取り出すことがなくなり、時間を無駄にすることがなくなりました。スマートフォンに通知が来れば、スマートウォッチが振動して教えてくれるので、仕事に集中できるようになりました。今までは横目でスマートフォンのディスプレイをチラ見し、通知を気にしていましたからね。

日々やることを、割り込みで時間通りにできるようになる

僕は日々のやるべきことをスマートフォンのToDoアプリで管理をしています。例えば、”明日までに見積書を作成し、メールしなければならなかったら”、Googleタスクと同期できる「GTasks」にリストを追加します。このように今やる必要がなく、それ以降にやらなくてはならないことを常に「GTasks」にリストを追加しています。

「GTasks」に期限付きでリストを追加すれば、設定した日時になるとスマートフォンから通知がされます。今まで、スマートフォンから発信された通知の表示と音で見逃すことが多かったですが、スマートウォッチを身につけてから、「GTasks」のToDoを見逃すことがなくなりました。

例えば、日常生活の中で、ToDoリストに「毎週、水曜日の朝7時半に薬を飲む」、「毎週月、水、金に朝8時にストレッチをする」、「夜、寝る前(夜10時半)に本を15分読む」などを追加しておきます。例え、他のことをやっていて意識がそのことに集中していても、スマートウォッチが振動し、「今から薬を飲みなさい」とか「今からストレッチをやりなさい」と教えてくれるわけです。

仕事やプライベートでやるべきことが多く、本来自分がやりたいこと、やるべきことが疎かになり、出来なくなっています。だから、日常の忙しさに流されないように、自分のやりたいこと、やるべきことスマートウォッチを使用して割り込んで実行していきます。

まとめ

スマートウォッチ「Pebble time」を腕につけるようになった1週間がたちました。1週間たった中で、スマートウォッチが生活の中でなくてはならない存在になってきたのではないかと思っています。

今回の記事は、スマートウォッチを肌身離さず身につけることで、スマートフォンとの距離が反対に離れてきて、無駄にスマートフォンをいじることがなくなってきました。そして、流れている時間の中で、必要な通知をスマートウォッチが割り込んで教えてくれるので、仕事の集中でき、作業を並行して処理できるようになり効率が良くなりました。

今回の記事は、スマートウォッチを身につけることで、そのように生活に変化が起こり、便利になってくるのかを僕の体験をもとに書いてみました。参考になったでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)