【堀江貴文・「多動力」を読んで】対面による会話がウザいと思っている人は、同期通信手段を用いることをやめて、非同期通信手段を用いることをおすすめします

僕は電話や相手と面と向かって会話するのは苦手ですね。「多動力」を書いた堀江貴文さんもプロガーのイケダハヤトさんも「電話は一方的に人の時間を奪うもの」と電話反対の意見を唱えています。

イケダハヤトさんは、スマートフォンに通話機能を持たない通信専用SIMカードを入れて使っているそうです。堀江貴文さんもイケダハヤトさんも電話がなくてもまったく困ることなく、むしろ仕事のパフォーマンスが上がっています。

仕事に際して、電話や対面でのコミュニケーションが自分の時間を奪う理由について考えてみました。

情報伝達や打ち合わせに会話はいらない

スケジュールの調整やちょっとした打ち合わせや連絡なんて、面と向かったミーティングや電話という同期通信でやる必要はない。  メールやLINE、メッセンジャーを使った非同期通信で十分だ。

どちらかと言うと僕は人との対面によるコミュニケーションが苦手。言いたいことを言って、人の言っていることをあまり聞いていないー会話が一方的通行と会社の人たちに言われます。

さらに、言葉での説明がヘタで要点がわかりづらく何が言いたいのかわからないそうです。ここまで書くと、会社員として致命的で、頭の悪い人間だと思うでしょうね。

ですが、メールの文章や意見書などは、何について書いているかが的確で要点が絞られてわかりやすいと言われます。(たぶん、会話をするよりも文章のほうがわかりやすいといった意味でしょうが。)

文章は会話と違い、頭で文章の構成を考え、書き終わったあとに校正をして相手に送信します。

だから、僕と仕事の打ち合わせ、情報伝達・交換が必要だったら、なるべくならメールにして欲しいとチームのメンバーに言っています。

会話でのコミュニケーションが取りづらいというキャラが定着しているのは、会社的、社会人的に問題なのでしょう。

忙しいときは電話に出ないほうが効率的

1日の中には、細かい隙間時間がたくさん発生する。その隙間時間を利用し、非同期通信によって仕事を効率的に進めていくのだ。  前時代の感覚にとらわれている人は、コミュニケーションというのはお互い同時間に行う同期通信でなければ意図が伝わらないと盲信している。

よく、会社の上司に「社員全員がLINEができるようにガラゲーからスマートフォンに切り替えて欲しい」と半分冗談で半分本気で言います。

業務に集中しているときに、電話がかかってきても、僕は電話をとりません。業務を中断してまで、相手に合わせて電話にでるほど暇でもないし、ましては「電話で今話すこと?」っと思う内容がほとんどです。

さらに、僕が折り返しの電話をしてこないと、催促の電話がかかってきます。僕はへそ曲がりな性格なので、催促の電話もでません。本当に、電話は相手の都合を考えずに、自分が電話をしたいときに相手に電話をしてコミュニケーションをするという同期通信というのを認識させられます。

だから、チームのメンバーは、よほど急ぎの用事じゃない限り、僕にはメールを送信してきます。メールなら業務の合間に確認でき、ことが終わったときにメールの内容を確認し処理できます。メールなら今やっている業務を中断させられることがなく、集中してことを完了させられます。

会社は社員に業務の効率化を望んでいるなら、スマートフォンを支給し、LINEやメッセンジャーによるコミュニケーションに切り替えてもらいたいものです。電話で会話をしなくても業務連絡、情報交換なら十分にLINEやメールで問題なくできますよ。

「日頃のコミュニケーションが大事だから」と対面コミュニケーションを望む上司たちが業務の効率化を阻害しているんです。

会話よりもメールやLINEのほうが効率的

インターネットの大きな功績は、非同期通信を手軽にしたことである。 非同期通信が手軽になったおかげで、人がどれだけ隙間時間を活用できるようになったか。

メールやLINEによる業務連絡や情報交換が当たり前になれば、業務の途中で邪魔をされることがなくなり、業務に集中でき効率よく業務を終わらせることができるようになります。

先ほど書いたように、僕は業務をこなしている時は、上司だろうが取引先だろうが電話が鳴ってもでません。取引先以外なら折り返しの電話もほとんどしません。

直接電話で話す内容じゃなければ、メールやLINEでいいですよ。相手に内容が伝わればいいんですから。電話至上主義な人たちは、ここに会話によるコミュニケーションが必要だと思っているから、無駄に電話をかけてくるんですよね。

ほんとうに電話をかけることに抵抗を持っていない人は、何かとあれば電話をかけてきます。大した内容ではない電話にでて会話をするのは時間の無駄で、この時間を別のことで活用できるようになれば、結構いろんなことができるようになりますよ。

まとめ

古典的な日本の企業に勤めている僕が、対面での会話が苦手とか、コミュニケーションが取りにくいっといったのでは、企業人としてはダメな分類に入るんでしょうね。でも、会話でのコミュニケーションは、仕事を効率よく行うことを阻害し、ほかのことをやりたい人の時間を無駄にしています。

僕は今やっていることを他人に中断させられるのはイヤなんですよ。だから、作業を中断させられないメールやLINEによる情報交換や情報発信を会社に求めているんです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)