近所・地域のお父さん、お母さんたちとどのように会話をしたらいいのか悩む−地域の人とのコミュニケーションの取り方−

子供が小学生くらいだと子供会を通して、地域の行事ごとに参加する機会があります。夏祭り、運動会、クリスマス会、バザーなど年に数回、地域の行事があります。

僕ら夫婦の決まり事で、どちら一人が参加すればOKっということではなく、夫婦二人で地域の行事に参加をすると決めています。僕はあまり人とコミュニケーションをとるのが苦手で、会社でも特定の人としか会話をしないほどです。

地域の行事に参加をしている数人のお父さんも僕と同じように、親しく会話をしているお父さん、お母さんたちのグループに入れず、何もすることがなければ手持ち無沙汰でその場で立ちすくんでいます。誰かに声をかけてもらえなければ、ずっとスマートフォンをいじってい状態です。

どうして地域の人達とコミュニケーションが取れないのか?

僕と同じように地域の人達とコミュニケーションが取れない人は、ふだんから近所の人達と接していないというのが一番の理由でしょうね。

僕が住んでいる地域は、集合マンションは少なく、ほとんどが戸建てです。戸建て地域のせいか、隣の人がどんな家族なのか、数件隣の家族の子供が何人いるのかがわかっています。近所の人たちの家族構成や生態がなんとなくわかるんですよね。

専業主婦いる家庭なら、日中、井戸端会議を通して奥さんが近所の人たちとコミュニケーションをとり、奥さん経由で旦那さんも近所の人達とコミュニケーションがとれます。

お父さんたちが地域の人達とのコミュニケーションがとれる、とれないかは、奥さんのコミュニケーション能力にかかっていると言っても過言じゃありません。僕の妻も日中は仕事をしているので、日中に近所の奥さんたちとコミュニケーションがとれていないので、親しく話せる人はいません。

ですが、妻は僕と違い、人とコミュニケーションがとれるので、僕のように、地域の行事に参加をした時にどのように地域の人達とコミュニケーションをとったらいいのか悩んでいません。

地域の行事が近づくと、憂鬱な気分になり、妻に「行事に参加しなくてもいい?」とか「その日雨になればいいね」と大人らしかぬ言葉が出てしまいます。

地域の人達とコミュニケーションの取り方

地域の行事で他のお父さんとのコミュニケーションをどのようにとればいいのか悩むなら、ふだんから近所の人達とコミュニケーションをとっていればいいじゃないかという話もあります。

ふだんからコミュニケーションをとっていれば、地域の行事に参加しても、ふだんのコミュニケーションと同じように接すれば、他のお父さんがたと話が出来るはずです。

日中、仕事をしている僕が近所の人達とコミュニケーションをとるのはどうしたらいいのでしょうか?

朝のゴミ出しの時に近所の人達にあいさつをする

ゴミ出しは僕の仕事なので、週に4回、朝のゴミ出しをしに行きます。朝の時間は、出勤するお父さんたちやゴミ出しをする奥さんたちを見ます。その時にはっきりとした口調で「おはようございます」と挨拶をし、ちょっとだけコミュニケーションをとります。

休日になんとなく集まっている近所の人の輪に入る

休日になると、親しい近所の人達が道端に集まり会話をしたり、子供同士が遊んでいたりしています。その時に、さりげなく会話の輪に入り、コミュニケーションをとるというのはどうでしょうかね。

一言、二言だけでもいいんですよね。

「どうもこんにちは」と言うと相手はちょっと警戒される可能性があるので、「いい天気ですよね。」とか「何しているんですか?」とか今いる場所や今やっていることに関する話題から会話のきっかけをつかむのがいいですよ。
関連記事はこちら:はじめから共通の話題がない初対面の人と会話をするきっかけと話を続ける話題の提供の仕方を紹介します | 世の中のつまらないことを記事にしました
近所の人達で、前から顔を知っていますが、第一印象は大事ですよ。ぼそっと話しかけるのではなく、笑顔でハキハキと話すことで、「あの家のお父さんは結構気さくで話しやすい」という印象を与えることです。

まとめ

実は頑張って地域の人たちとコミュニケーションをとる必要はないのではないかと思うことがあります。でも、これからも今住んでいる場所にいるわけですから、近所の人、地域の人とのコミュニケーションはそれなりに必要でしょうね。

ふだん地域の人達とコミュニケーションをとっていないので、地域の行事に参加をすると妻以外に話をする人がいなく、半日、気まずく、憂鬱な気分で過ごさなくてはいけなくなるので、どのようにしたらそのような憂鬱な時間を過ごさなくていいのかを考え、記事を書きました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)