自宅のリビングにこたつがあるデメリットとメリットを教えます−最新エアコンと比較しても電気代が意外に安いこたつ−

冬になると恋しくなるのがこたつですよ。

30年ほど前の昔は、子供部屋に冷暖房エアコンがついている家庭などほとんどなかったはずです。あるのは、夏は扇風機、冬はこたつまたは遠赤外線ストーブくらいです。

僕は高校・大学の受験勉強や試験勉強、パソコンのキーボード置き場、プラモデルの制作など家でできることはすべてをこたつの中でやっていました。こたつと共に青春時代から結婚するまで歩んでいったと言っても過言じゃありません。

愛してやまなかったこたつを結婚したから手放し、それ以降こたつの中で過ごすことはなくなりました。

こたつのデメリット

冬に近づくたびに毎年のように妻に「こたつ欲しいなぁ」と言ってみても、「うちはこたつはダメ!」と反対されます。妻の生まれ育った家庭には一度もこたつがあったことがなく、実家を出て一人暮らしをした時もこたつを買わないほど、こたつと縁がない生活を続けていました。

こたつはダメな人にさせる

小さいことから結婚するまでこたつに縁がなかった妻は「こたつが人をダメにする」という考えの持ち主です。

「こたつが人をダメにする」というよりも僕の性格を見に抜いてか、『うちの旦僕はこたつに入ってしますと何もせずに、こたつの中からずっと出てこないダメな人』と思っているのです。

さらに、ダメな点が僕に似ている小学生の子どもたちもこたつに入ったら、こたつに入ったままテレビを見て、ゲームをし、漫画を読むというだらしない生活になることを妻は懸念しています。

こたつは旦那と子どもたちをダメにする暖房器具だと妻は思っています。

脱水症状になり風邪をひく

こたつに入っていたころに思い出すのが、こたつに潜り込んで寝てしまい、熱くて目が覚めたということがありました。この状態が脱水症状に近いとも言われています。

外が熱くなくても人は皮膚から水分が蒸発しています。冬だからといって水分を取らないていると軽い脱水症状になることもあります。

ましてや体温よりも温度が高いこたつの中ともなれば、水分の蒸発量も多くなります。こたつの中の温度があがれば、体温もあがります。体温が1度あがるごとに、体内の水分の蒸発量もあがっていきます。

のどが渇いて目が覚めたってことは、体内の水分が多めに蒸発しているってことです。

それに気が付かないと脱水症状で病院行きってことにもなりかねません。実際にこたつで寝てしまい脱水症表になり救急車で病院に搬送された例もあります。

さらに、こたつで寝てしまい、喉の渇きと不快な汗で目を覚めた経験もありますよね。汗を拭かずに、またこたつに潜り込んでしまい風邪を引いたこともあります。

こたつで寝てしまうのは気持ちがいいものですが、油断をすると脱水症状になり、こたつの熱さで汗をかき風邪を引いてしますことがあります。

腰が痛くなり睡眠不足になる

こたつに入っているとついつい眠くなって、ゴロッと横になって朝まで寝てしまった経験がありませんか?

よくあったのが、こたつで寝てしまい熱さと喉の渇きで夜中に目が覚め、一杯の水を飲んでから布団に入り直し眠り直すことが多くありました。このこたつで寝るというのが体温調整の妨げになり、さらに喉の渇きで睡眠を中断させるもので睡眠のリズムを狂わせています。

本来、人は寝ているときは体内の熱を放出し、体温を下げようとしています。それが体温よりも温度が高いこたつの中で眠ってしまったら、体温を下げられず快適な睡眠を阻害しています。

こたつで寝てしまうと快適な睡眠を阻害し、睡眠不足にさせます。

さらに、こたつの敷物はふとんやベットのようにクッション性の良いものではありません。極端に言えば、硬いフローリング上にタオルケットをこたつの敷いたうえに寝転がっているようなものです。

そのような硬い床で長い時間、寝転んでいたら腰が痛くなりますよ。

こたつのメリット

次項までこたつのデメリット、言い換えればこたつの悪口をズラッと書いていましたが、こたつにもメリットがあります。

それは、こたつの消費電力は意外に低く、電気代が安いってことです。

例えば、ニトリの長方形こたつのU字石英管(遠赤外線)のワット数は300Wです。
現在、東京電力は1KWhあたり約15円です。

1時間こたつを使うすると、300W=0.3KWなので、約7.5円になります。

1日12時間こたつを使うと7.5円×12時間=90円。

1ヶ月こたつを使うと90円×30日=2700円。

たった1ヶ月、毎日こたつを使っても電気代は2700円しかかかりません。

僕の家は一戸建てのため、冬は結構寒く、電気のエアコンを使っても部屋が温まりません。だから部屋を温めるために燃料の高い石油ストーブを使っています。

だいたい灯油18リットルで1800円ほど。1ヶ月で約36リットルくらい使うので、約3600円、月にかかります。石油ストーブとこたつを併用して使えば、ぐっとお金の節約になるのですけどね。

それでも、妻はこたつを認めません。

まとめ

僕がこたつに入るとダメ人間になってしまうので、妻はこたつを買うのを反対しています。

こたつを使うと電気代が下がると一生懸命に説明してもダメです。

今回の記事であげたこたつのデメリットは自分にとっては関係のない、ちゃんとこたつとの距離をとれると言える人は、ぜひこたつを買いましょう。

めくるめくこたつの世界が待っています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)