花粉で鼻の中がかゆくてたまりませんよ! 市販の鼻うがいを試してみました【レビュー】

OOK85 kahunkitu20150314132420 TP V4

今年も花粉の季節がやってきました。一年のうちで一番とも言えるほど気分が沈む季節ですよ。

東京近郊は2月中盤まで10度を切る気温が続き、寒さで花粉のことさえ頭に浮かぶことはなったのに、3月になり気温があがり、降ってわいたように花粉の量が増え、マスクと目薬が手放せなくなりました。

花粉の散布量が最高潮を極めたある日、どうにも花粉で鼻水は出るし、鼻の中が痒くどうにもならなくなりました。

目のかゆみは、昨年発売された花粉対策用の市販薬、ロートのアルガードクールEXでどうにか精神状態が保たれていますが、どうにも鼻のかゆみだけはどうにもなりません。

鼻の対策は、一箱60枚600円のマスクをすることだけです。

でも今年は満を持して、鼻うがいに挑戦しました!

で、鼻うがい初心者の僕が試したのは、小林製薬の鼻うがい「ハナウア、シャワータイプ」です。

 

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)

泳げない僕が満を持して市販薬で鼻うがいを試す

毎年、花粉の季節になると鼻うがいを試そうと思うんですよ。

会社の同僚に花粉症のヤツがいて、鼻が痒くなったりと、水道の水を手のひらに溜め、鼻を近づけ、そのまま水を鼻の中に吸い込み、鼻うがいを出来るんですよ。

鼻うがいをすると鼻の中がスッキリとし、花粉による鼻のかゆみが緩和させるという話を聞いてから、いつかは鼻うがいをしようと思っていたんですが、どうにも勇気がでず、今日まで鼻うがいができなかったんです。

どうも鼻うがいをすることが怖かったんですね。

それは、僕が泳ぎが上手くなく、クロールで息継ぎをするたびに、鼻で水を吸い込んでしまい、鼻の中がキーンと痛むといったイヤな思いをするんですよ。

その時のプールの水を鼻で吸い込み、キーンと痛くなる思いを鼻うがいでもするんじゃないかと怖くなるんです。

だから、今日まで鼻うがいを試すことができなかったんですね。

でも、さすがに花粉で鼻の中が痒く、イライラとし、物事に集中できないんです。

鼻がキーンとしない市販の鼻うがい「ハナノア」

外出先に花粉の鼻の中が痒くてどうしようもなく、ドラッグストアに立ち寄り、鼻うがい「ハナノア」を買いました。

店員さんに、花粉で鼻の中が痒い時、鼻うがいは効果があるのか?と質問したんですよ。

店員さんは「鼻うがいで鼻の中の花粉を洗い流すことは有効ですよ」、「鼻の中にスプレーをする鼻炎薬よりも効果がありますよ」というじゃありませんか。

さっそく、鼻うがい「ハナノア」を購入し、近くの本屋のトイレの個室に入り、鼻うがいを試しました。

DSC 0051

シャワーボトル本体横に書かれている目盛(50ml)まで、洗浄液を入れます。片方の鼻で半分の25ml使う計算です。

DSC 0052

鼻うがい「ハナノア」の箱に書かれているように、シャワーボトルを上向きにして無理やり鼻の中に洗浄液を入れないように、頭を下に向かせ、シャワーボトルの先端を鼻の中に軽く突っ込み、シャワーボトルの中央部を軽く指で押し、鼻の中に洗浄液を投入します。

DSC 0054

鼻の中は一時的にすっきりとしたが洗浄された気配は薄い

CMのように鼻の中に入った洗浄液は口から出ずに、シャワーボトルの入れた鼻から洗浄液が出てきます。

どうも、上手く鼻の中が洗浄された感じはしません。

鼻うがい「ハナノア」の箱には、上手に洗うポイントとして、「アーと声を出しながら流し込むと無理なく鼻うがいができます」と書かれています。

なんといっても僕が鼻うがいをしている場所が本屋の個室トイレなので、「アー」と声を出すことが勇気がなく、だらだらと洗浄液を鼻の中に流し込んだせいなのでしょうね。

鼻うがいをした10分ほどは鼻の中がすっきりとし、鼻の中のかゆみは止まりましたが、10分後また鼻の中が痒くなってきました。

まとめ

どうも、うまく鼻うがいができなく、鼻の中の花粉が完全に取り除くことがことができなかったのが原因なのでしょうか?

それとも、鼻うがいの効果は一時的なもので、鼻のかゆみを継続的の緩和するのには、鼻炎薬のほうがいいのかもしれません。

とにかく、理想の鼻うがいができるようになるまで、結論はだせませんよ。

 

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする