ジャンクなMacbookを求めてハードオフを巡った理由【パソコン歴25年でMac歴0年の僕】

Gori0I9A3118072103559 TP V

たまたま行ったハードオフで、ジャンク扱いのiMac (Early 2008) を手に入れ、パソコン歴25年の僕がはじめてMacを所有することになりました。

この経緯については以下の記事を読んでもらえると嬉しいです。

ジャンクで手に入れた10年落ちに「iMac2008」にOS X 10.11 El Capitanをインストール【はじめてのMac体験】

で、2週間ほどOS X 10.11 EI CapitanをインストールしたiMac (Early 2008) を触り続け、すっかりMacの洗練されたOS、UIの使い勝手に魅了されましたよ。

それと同時に、今回ジャンクで手に入れたiMac (Early 2008) と同等のスペックでいいので、MacBookもぜひ一台欲しいという気持ちになりました。

ということで、半日かけて、自家用車でハードオフのジャンクコーナーでMacBookを探しに行ったわけです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ジャンクMacはまともに動くかは運次第だけど安さが魅力

最低限、OSが入っていないパソコンにOSをインストール出来るだけの技術を持っていないとジャンクパソコンを買うのはやめたほうがいいですよね。

ジャンクパソコンの意味は、部品取りにしかならないパソコンで、修理をしないとまともに動かないパソコンのことです。

僕のように、OSをインストールすればジャンクなiMac (Early 2008) が不具合なく動作する程度の良いジャンクなMacはあまりありませんよ。

ハードオフの店員さんが書いたポップを読んで、「たぶん、このMacはこのような現象だ。だからこのようにすれば動くかもしれない」という推測を立て、それに対して対策が思いつくほどじゃなければ、ジャンクMacを買ってもただのゴミにしかなりません。

まあ、一般的なMacユーザーから見れば、ジャンクMacを買うこと自体が、ゴミMacを集めているしょうもない人としか見えないでしょうね。

中古MacよりもジャンクMacは格段に安い

もちろん、ジャンクMacがまともに動くかどうかは運次第で、ゴミになる確率は高いですが、中古Macよりも格段に安く手に入ります。

僕がハードオフで買ったジャンクiMac (Early 2008) は、・メモリーあり ・ハードディスクあり ・電源コードあり ・起動確認済み ・OS未インストール というジャンクとしてはまあ悪くない状態のものでした。

このジャンクiMac (Early 2008) を、ハードオフで5,000円+税で買いました。

これが、別のハードオフで、中古のiMac (Early 2008または2009) になると、インストールDVDあり、OSインストール済みとなり、価格が19,800円から21,800円(税込みかは忘れました)と約4倍になります。

確かに、ジャンクMacは動くかどうかは運次第ですが、起動確認済みというハードオフ店員のポップ書きがあれば、チャンスに賭けてみる価値はあります。

選んではいけないジャンクMac

ジャンクの猛者であれば、メモリーなし、ハードディスクなし、OSなしのMacBookやiMacを買ってもどうにか修理をして動かすことができますが、パソコンを分解しハードディスクを入れ替えたことがない人は、これらのジャンクMacを買うのはやめたほうがいいです。

今回、2007年または2008年のジャンクなMacBookを手に入れようと3店舗ハードオフを巡りました。

実は、現在使っているiMac (Early 2008) を手に入れる1ヶ月ほど前に、あるハードオフで、メモリーなし、ハードディスクなし、AC電源なし、OS未インストール、起動確認なしの立派なジャンクなMacBook (Early 2008)を2,000円で見つけた過去があるんですよ。

その時、ジャンクなMacBookを2,000円で買っても、OSをインストールし動作させる自信が全くありませんでした。

今回、ジャンクなiMac (Early 2008) にOSをインストールし、メインパソコンとして使えるまでできたことから、ジャンクなMacBookも再生できるじゃないかと自信をもったわけです。

一応、僕が選んではいけないジャンクMacBookとしては、・メモリーあり ・ハードディスクなし ・起動確認済みで「?」マークがついたフォルダが表示 が判断基準です。

ジャンク品で起動確認出来ているMacBookというのは難しいのかもしれませんが。

さらに、起動確認済みの中で、円にスラッシュがついたマーク(俗に駐車禁止マーク)が表示されたMacBookは、ハード的に問題がある場合が多いので、なるべくなら買わないほうがいいですね。

https://support.apple.com/ja-jp/HT204156

ハードオフを3店舗巡ってもMacBookは見つけられず

でも、3店舗ハードオフを巡りましたが、1台もMacBook(MacBook Air、MacBook Pro)を見つけることができませんでした。

もし、ジャンクMacBookを見つけても、MagSafe電源アダプターはついていないので、ジャンクコーナーにあった60WMagSafe電源アダプターを税込み105円で買ってきました。

今回買ったMagSafe電源アダプターはApple純正のものではなく、どうも互換のものらしいです。

DSC 0055

60WのMagSafe電源アダプターがあれば、MacBook (13-inch, Late 2006) からMacBook (13-inch, Mid 2009)まで対応できます。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201700

まとめ

ハードオフを半日で3店舗周りましたが、ジャンクなMacBookは1台も巡り合わせませんでした。

Mac自体、WindowsPCと比べて市場に出ている球数は圧倒的に少ないなく、ジャンクなMacを狙っているハンターも多いので、ジャンクなMacBookに巡り合うのは偶然の産物です。

ジャンクなMacBookをハードオフで見つかるのは偶然しかありませんので、巡礼のように定期的にハードオフを巡るしかありません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする