ジャンクなMacBook Pro(Retina)に高額な専用SSDではなく、変換コネクター+mSATA SSDの組み合わせで計画してみた、その理由とは

2週間ほど前にハードオフでジャンクのiMac (Early 2008) を購入し使い始めた途端に、Macの虜になってしまいました。

パソコン歴25年の僕も1度や2度のみならず「Macを買いたい」と本気で思ったことがありましたが、Macの値段の高さに「宝くじでも当たったら」とは「臨時ボーナスが支給されたら」などという理由から、一度もMacを所有できたことはありません。

それが、最近、ハードオフのジャンクコーナーでSSDが抜き取られたMacBook Pro Retina 13インチ Early2013を手に入れました。

ジャンク最高! ハードオフでMacBook Pro Retina Early 2013を3,000円で手に入れた話【Mac歴0年】 | 世の中のつまらないことを記事にしました

で、ジャンクなMacBook Pro Retina(Early2013)の動作確認をするために、内蔵SSDの代わりにUSBメモリーを本体に挿し、MacOSをインストールし、不具合がないかどうかをチェックしました。

なぜ? 内蔵SSDが抜き取られているからといって、3,000円で売られているか疑問に思うほど、完璧な動作をするジャンクなMacBook Pro Retina(Early2013)でしたよ。

ということで、バッテリーの劣化もほとんどなく、外観に傷・凹みのなく、液晶ディスプレイのドット抜けや発色の悪さ・コーティングの剥がれもなく、キーボードのきしみ・テカリもない完璧な中古MacBook Pro Retina(Early2013)に内蔵SSDを入れ、ちゃんと整備をして使いたいという欲求が生まれました。

ということで、ジャンクなMacBook Pro Retina(Early2013)に内蔵SSDを入れる計画の全貌を書いていきます。

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)

MacBook Pro Retina(Early2013)専用SSDは貧乏人には手が出ない価格の高さ

それぞれ3,000円、5,000円で年式の古いMacを手に入れたのに、維持し続けるのには、それ相応のお金を払わなくてはならないというのがAppleのMacということを思い知らされる出来事ですよ。

まさか、ジャンクなMacBook Pro Retina(Early2013)の内蔵SSDに、2万円ほどのお金を使わないといけないとは思いませんでした。

筐体の厚みが薄くなった”MacBook Pro Retina 13インチ Late 2012”から”MacBook Pro Retina 13インチ Early 2013”までは専用SSDとなり、一般的な売られているPCIe(M.2)やmSATA(Mini Serial ATA)のカードタイプのSSDをつけることができません。

これは誤算でしたね。

で、ヤフオクでApple純正のMacBook Pro Retina(Early2013)は見つからず。

ここで手詰まりになりそうでしたが、Transcendというメーカーが各MacBook Pro(Retina)の専用SSDを発売しています。

でも、この製品の価格が高くで気軽に手が出せませんよ。

一番容量の少ない240GBが、税抜き22,000円ほど、3,000円で手に入れたジャンクMacBook Proに2万円強のお金を出すのには、私の経済状況では無理ですね。

125GBの容量のSSDなら、1万円強で売っているのではないかと思い、くまなくネットを探しましたが、MacBook Pro Retina(Early2013)に取り付けられる専用SSDは、存在していません。

僕の経済状況からいうと、1万円で手に入るSSDでないと。

一瞬、2009年ー2011年のユニボディのMacBook Proなら、一般的なSSDを取り付けられるのに、なぜ?専用SSDのMacBook Pro Retina(Early2013)なんだと思ってしまいました。

それほど、専用SSDの値段が高いってことです。

変換コネクターを使えば、汎用品のmSATA SSDで、1万円でお釣りがくる

Mac使いにはマニアが多いということを信じて、専用SSDではなく、汎用品SSDをMacBook Pro Retina(Early2013)を取り付ける方法があるのではないかとSafariで探しまくりましたよ。

そうしたら、あるサイトにたどり着きました。

» Blog Archive » 約 2万円で 5年前の MacBookPro Retina 13inchモデルの SSDを交換してみた(準備編)

僕がジャンクで買った同一タイプのMacBook Pro Retinaディスプレイモデル(Late 2012)の内蔵SSDを値段の高い専用SSDではなく、変換コネクターと汎用mSATA SSDに交換した模様が記事になっています。

このサイトを参考にし、Amazonで以下のものを購入しようかと計画しています。

・ミニ SATA mSATA SSD → MACBOOK PRO Retina A1398 A1425 アダプター

・Mini Sata SSD Disk (120GB)

ようは、MacBook Pro Retina(Early2013)のSSDの接続口が専用の端子になっているために、汎用品のPCIe(M.2)やmSATA(Mini Serial ATA)のSSDが接続できない構造になっているだけです。

だから、MacBook Pro Retina(Early2013)のSSDの接続口に入るようにアダプター(下駄)をかまし、汎用のmSATAを接続するというわけです。

これなら、Transcend製のJetDrive720 240GBを買うよりも約1/3の値段で済みます。

・ミニ SATA mSATA SSD → MACBOOK PRO Retina A1398 A1425 アダプター・・・4,959円(2018年3月8日付)

・Mini Sata SSD Disk (120GB)・・・998円(2018年3月8日付)

合計5957円でOKです。

 

 

 

 

まとめ

3,000円で買ったSSDが抜き取られたMacBook Pro Retina(Early2013)が、約6,000円の追加で完全に復旧できる可能性が出た来ましたよ。

とにかく、Amazonで今回の記事で紹介した変換アダプターとmSATA120GBとMacBook Proの裏蓋を外す特殊ドライバーを注文しました。

みごと、MacBook Pro Retina(Early2013)は復活できるのでしょうか?