専用SSDよりも断然安価なmSATA SSDをつけたMacBook Pro Retina(Early2013)に最新 macOS「High Sierra」をインストールする方法

何度も記事にさせてもらいましたが、偶然、ハードオフでジャンクなiMacを手にいれた時からMacの魅力に取り憑かれ、さらにMacBook Proまで手に入れた私です。

手に入れたMacBook Proは、SSDが外されたジャンク品だったのですが、Amazonで購入したmSATA SSD MACBOOK PRO Retina アダプターにmSATA SSDを取り付け、これで通常稼働させることが出来ました。

ジャンクなMacBook Pro Retina(Early2013)に専用SSDではなく、変換アダプター+mSATA SSDを組み込んだ手順を紹介します | 世の中のつまらないことを記事にしました

今度は、カラのmSATA SSDに最新のmacOS「High Sierra」をインストールしていきます。

今回の記事は、「High Sierra」をインストール方法です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

カラのmSATA SSDをフォーマット

何にしても、購入したばかりのmSATA SSDをフォーマットしなければ、macOSをインストールできません。

で、MacBook Pro Retina(Early2013)が電源オフというのを確認し、電源ボタンをオンします。

Mac特有の「ジャーン」という音がしたら、「command」+「R」キーを押し続け、「macOSユーティリティ」を起動させます。

「ディスクユーティリティ」をクリック。

DSC 0164

取り付けたはずのmSATA SSDを選択。

DSC 0165

「削除」タブを選択。

フォーマット形式を「macOS拡張(ジャーナリング)

名前は適当でいいですが、「Macintosh HD」にしておくことがおススメです。

DSC 0166

で、「削除」をクリックすることでフォーマットがはじまります。

DSC 0167

たった120GBなので、数秒でフォーマットが完了します。

インターネットリカバリーで「mountain Lion」をインストール

いよいよmacOSをインストールしていきます。

「macOSユーティリティ」から「OS Xを再インストール」を選びます。

DSC 0168

Wi-Fiに接続されていれば、「OS X mountain Lion」のインストールの準備が始まります。

DSC 0169

DSC 0170

DSC 0172

回線のスピードにもよりますが、100Mbpsの環境で、約2時間ほどで「mountain Lion」のインストールが完了しました。

アップグレードで「High Sierra」をインストール

「mountain Lion」がインストールされたら、通常通りにMacBook Proを起動し、macOSをたちあげましょう。 そして、APP Storeを起動し、「High Sierra」にアップグレードします。

DSC 0173

まとめ

時間があるなら、再度、「macOSユーティリティ」からmSATA SSDをフォーマットし、「OS Xを再インストール」を選択すると、「High Sierra」がインストールできるようになるみたいです。

このことを、「High Sierraのクリーンインストール」と言います。