SSDの値段がさらにダウン! これならiMacのハードディスクを大容量のSSDに交換してもいいかもという話

MONOHDDdrive2013 TP V

私のジャンクなiMacは、ハードディスクが1テラバイトと大容量ですが、SSDと比べると速度的にだいぶ落ちます。

モバイル用に持っているMacBook Proは、ハードディスクではなく、シリアルATA接続のSSDを搭載し、MacOSが立ち上がる時間は、iMacに比べて劇的に早く快適です。

出来ればメインパソコンのiMacもSSDに交換したいのですが、なんせハードディスクの比べて価格が高く、おいそれと買えるものじゃありません。

でも、ここ最近、1テラバイト以上のSSDの価格が下がり、ヘビーユーザーじゃなくても手に入る価格帯に入ってきました。

iMacを分解するというリスクはありますが、core2duoという低スペックなCPUを積んだiMacを少しでも使い勝手を向上させ、延命させるために、SSDに交換するのは手だと思うんですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

SSDはハードディスクよりどれだけ早いのか

ここ数年のノートパソコンを買った人は、ハードディスクの遅さってものを知らないのではと思いますよ。

2015年以降のMacBookは、すべてSSD搭載でハードディスクモデルはなくなりました。モバイルに最適なMacBook Airは、2011年以降すべてSSDになりました。

これもWindowsPCも同じ状況で、11インチや13インチサイズのノートパソコンの大半は、SSDまたはeMMCを搭載し、ハードディスクを搭載しているモデルははとんどなくなりました。

Windowsノートパソコンの場合は、価格を押させるために、SSDよりも転送速度が遅いeMMCを搭載しているのがほとんどで、ストレージサイズも32Gバイトという容量のものもあります。

反対に、デスクトップ型のMac(iMacやMac Pro)やWindowsはハードディスクが搭載されているモデルがあり、2014年以前のMacBookはハードディスクしか搭載されていません。

ハードディスクの中には金属の円盤が入っていて、これがモーターで回転し、データを読み書きしています。それに対してSSDには物理的な機械が入っているわけではなく、SDカードやUSBメモリーのようなフラッシュメモリーという部品が読み書きをしています。

モーターが回転し磁気ディスクをヘッドで読み書きしているハードディスクと電気的にシリコンメモリーで読み書きしているSSDのどちらが転送速度が早いのは一目瞭然ですよね。

CMANというサイトに、ハードディスクとSSDの転送速度を比較して結果が書かれています。

HDD,SSD,USBメモリのアクセス速度比較実験(ベンチマーク)

■ハードディスク(2.5インチ、ディスク回転数5400rpm) ・・・シーケンシャル 読み込み:61.92MB/s、シーケンシャル書き込み:61.78MB/s

■SSD(2.5インチ)・・・シーケンシャル 読み込み:226.0MB/s、シーケンシャル
書き込み:95.77MB/s

という結果が出ています。

ようは、SSDはハードディスクよりも、約3倍の転送速度があるということです。

 

常時、ハードディスクを読み書きしているという状況の中、低速なハードディスクからSSDに交換しただけで、大幅な体感速度を感じられるはずです。

 

SSDとハードディスクの価格帯

秋葉原価格情報を調べているとSSDの価格もだいぶ安くなってきたなと思うわけです。

なんと2.5インチ2TB SSDが税込37,800円で売られているショップまで出現している状況です。

 

Micronの2TB SDDがさらに安く税込み3万7800円に (ITmedia PC USER) – Yahoo!ニュース

 

 

 

 

120GBのSSDなら、どこのショップでも5,000円以下で購入できます。

ドスパラのサイトを見てみると、「Palit UVS10AT-SSD120 (120GB 7mm TLC) 」は、税抜き3,963円ですもんね。

私のジャンクなiMacは、購入時に1TBのハードディスクに交換されていました。

ドスパラのサイトで、1TBのSSDは、一番安いものでCrucial CT1000MX500SSD1 (1TB)で、税抜き26,684円ですよ。

本当に安くなりましたよね。もちろん2,5インチの1TBハードディスクなら税抜き5,000円で買えますが、転送速度3倍ともなれば話は別とも言えます。

まとめ

自作パソコンなら躊躇なくハードディスクをSSDに交換しますが、メーカー製のノートパソコンやディスクトップパソコンを分解し、ハードディスクを抜き取りSSDに交換するのは、腕に自信がある人しかお勧めできません。

万が一、分解している途中で、フラットケーブルなどを切断してしまう危険性があるからです。

私のジャンクなiMacのハードディスクの交換作業は、レベルが高いですよ。

以下の動画を見て、私には無理だと思うなら、やめたほうがいいですよ。

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする