ジャンクなMighty MouseをジャンクなiMacに接続した結果、快適に使えたのかそれともダメなのか? Mighty Mouseのコツと清掃の仕方を紹介

MBP9V9A8316 TP V

偶然、ハードオフでiMacを手に入れ、メインマシンをWindowsから切り替えて1ヶ月余りたちました。

ジャンクで買ったiMacということで、キーボードもマウスは、ついていませんでした。

それなりの中古価格で買えば、付属Apple KeyboardとMighty Mouseが付いていたんでしょうね。

でも、Macユーザーになったのだから、アップル純正のキーボードとマウスは欲しいじゃないですか。

私の場合は、iPadの外付けキーボードとしてBluetooth接続のApple keyboardを持っていたので、キーボードに関してはクリアー。

で、次に手に入れたのが、ホームグランドであるハードオフのジャンクコーナーで買ったMighty Mouseで、Mac三種の神器が揃ったわけです。

今回の記事は、ジャンクで手にれたMighty Mouseを快適に使うためのコツとメリットみたいなものを書いていきます。

 

ジャンクで手に入れた10年落ちに「iMac2008」にOS X 10.11 El Capitanをインストール【はじめてのMac体験】 | 世の中のつまらないことを記事にしました

スポンサーリンク
レクタングル(大)

新品のMagic Mouse 2は価格が高い

せっかく(やっと)Macユーザーになったのだから、アップル純正のキーボードとマウスは使いたいじゃないですか。

でも、Windowsユーザーにとって、純正品という考えってあまり持っていないんですよね。

ブランドによほどこだわりがなければ、バッファローやロジクールやマイクロソフトのマウスを壊れるまで使い続けます。

だから、ジャンクなiMacには、いつ買ったか覚えのないバッファローのマウスを接続して使っていました。

そうは言っても、心の中では、アップル純正のマウスを欲していたんですけど、なんせ価格が高い!

現在、Mac専用のマウスは、Magic Mouse2の一種類のみです。価格は税込み8,800円。

マウス1個に、消費税を入れれば、約1万円ですよ。

ヨドバシカメラなどの量販店でマウスを見てみればわかりますが、アップル純正のマウスにこだわらなければ、5,000円以下で十分に納得できるマウスが買えます。

それでも、アップル純正のマウスが欲しいですよね。

Macのサイトに、「あんたのMacにさらなる魅力を。」というユーザーの心をくすぐる言葉が書かれています。

Mac アクセサリーを購入する 日本 Apple 日本

うーん、これがMacしいてはAppleマジックなんですよね。

500円でアップル純正のMighty Mouseを手にいれた

さすがにMagic Mouseを手に入れることは諦めて、Mighty Mouseなら中古なら比較的安く手に入ります。

Magic Mouseは、マルチタッチに対応し、マウスの表面を指で撫でるだけで、様々なジェスチャーが行え、MacBookなどのタッチトラックパッドのような使い方ができます。

私はMagic Mouseで体験できるMacBook的な便利さをマウスには求めていません、ただ、Apple純正マウスが欲しいだけです。

というわけで、マルチタッチに対応していないシンプルなデザインの初代Appleマウス「Mighty Mouse」をハードオフで500円で手に入れました。

Mighty Mousは、一般的なマウスのように2ボタンとスクロールホイールはなく、ワンボタンと豆粒ほどのトラックボールを持つシンプルなデザインのマウスです。

ハードオフのジャンクコーナーにある箱の中に、比較的キレイなMighty Mouseがありました。

DSC 0232

右クリックがしやすいように設定を変えた

ジャンクなiMacにMighty MouseをUSB端子に挿入し使えるようにしましたが、一般的なマウスのように左右のボタンがないので、使い方がいまいちわかりませんでした。

Mighty Mouse自体を押し込めば左クリックに対応する選択はできるのに、一般的なマウスの右ボタンに対応するクリックをどのようにしたらいいのか迷いました。

Mighty Mouseは、ボディ上部と左右両側に静電容量センサーが内蔵され、ボディ上部のどの部分を指で押してクリックしたかによって、左右のクリックを感知しています。

というわけで、「システム環境設定」の「マウス」項目で以下のように設定し、右クリックができるようにしました。

 

マウス設定

「主ボタン」が一般的のマウスの「左ボタン」で、「副ボタン」が「右ボタン」に対応します。

ようは、豆粒ほどのトラックボールの左側を指で押してマウス本体を倒し込めば、「左クリック」になり、右側を指で押してマウス本体を倒し込めば、「右クリック」になるということです。

これで、一般的なマウスのような使い勝手になるわけです。

Safariで上下スクロールしないのでクリクリを清掃したみた

やはり、中古もしくはジャンクなMighty Mouseを手に入れたしまったということを感じたのが、Mighty Mouseの中央部になるトラックボールが機能しなかったということです。

Safariでサイトを開き、指先でトラックボールを前後に回転させても、上下にスクロールしませんでした。

時々上の方にはスクロールしますが、下の方には全くスクロールしません。

どうも、Mighty Mouse本体のトラックボールの回転を感知する部分にゴミが付着し、認識しないのが原因みたいですね。

20年以上前からパソコンをいじっている人は、光学式(赤外線)マウスが世にでる以前のボール式マウスにゴミが付着し、マウスのカーソルが動かなくなることを経験しています。

Mighty Mouseのトラックボールも同じような現状により上下のスクロール機能が効かなくなるというわけです。

ということで、Mighty Mouseのトラックボールを清掃してみることにしました。

トラックボールを清掃するために無理矢理にMighty Mouse本体を分解する必要はなく、毛が立っていないハンカチなどを水で少し濡らし、トラックボールを嫌になるというほど拭いていきます。

DSC 0242

片手にMighty Mouseを持ち、濡れたハンカチをトラックボールに少し強めに当て、Mighty Mouseを上下に動かし、トラックボールを拭いていきます。

私の場合ですが、完全にトラックボールの機能が蘇るまで、15分ほどハンカチで磨きました。

まとめ

Mighty Mouseが素晴らしいと感じるのは、トラックボールを指でクリクリした時のサイトのスクロールの反応ですよ。

指でクリッとしただけで、サクッとスクロールする心地よさ。

Magic Mouseの素晴らしさは知りませんが、ハードオフなどで500円前後で手に入るMighty Mouseでも、十分にアップル純正マウスの素晴らしさを体験できます。

ただ、MacとMighty Mouseの相乗効果のほどはわかりませんが。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする