ジャンクMacを買うのは手間がかかるからオススメできない3つの理由(わけ)

PEZ86 torihazusaretabuhin TP V

私がメインのパソコンをWindowsからMacに移行した理由の一つとして、5000円でiMac (Early 2008)が手に入ったからです。

iMac (Early 2008)を手に入れるまで、2012年に発売されたソニーのVAIO・Jシリーブの一体化パソコンに、レノボの低価格ノートパソコンに、ASUSの2-in-1ノートパソコンに、DELLのChromebookとApple以外の製品を使っていました。

それがたまたま近所のハードオフに行った時に、ジャンク品として売られていたiMac (Early 2008)を見つけ手に入れたことから、ジャンクの魅力とMacの魅力に取り付かれたわけです。

ジャンクなMacの魅力は、価格です。

でも価格が安いからといって、一般的にはジャンクMacはオススメできません。

明確にMacで何かをしたいという目的があれば、手間がかかるジャンクMacは探して、手に入れるのはやめたほうがいいです。

今回の記事は、ジャンクMacをおすすめしない理由を書いていきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

 ジャンクなMacに出会う確率が低い

ハードオフや秋葉原の中古パソコンショップでジャンク扱いのMacを探してみればわかりますが、現行のMacに搭載しているIntel CPU以前のPowerPC搭載のMacでさえ見つけることが困難です。

以前、記事を書きましたが、iMacを手に入れたあと、出先でもMacが使いたいという想いから、MacBookProかMacBookairがあればいいなとハードオフを巡りました。

ジャンクなMacbookを求めてハードオフを巡った理由【パソコン歴25年でMac歴0年の僕】 | 世の中のつまらないことを記事にしました

何件か何度もハードオフを回っても、一台もジャンクなMacBookは見つかりませんでした。

このようにジャンクなMacが見つかる可能性も低く、ましてや目当てのMacに出会う確率は、偶然に等しいです。

ジャンクなMacは、中古のMacよりも半値以上価格が安いですが、手に入れるまで、何度もお店を回り、時間と手間をかけなければなりません。

このジャンクなMacを手に入れるための労力を考えたら、4、5万円お金を払って、中古のMacを買った方がいいですよ。

私の場合は、ハードオフを巡るのが楽しく、目当て以外に何が面白いものが手に入るかもしれないという期待があるので、手間と時間が無駄だとはあまり思いません。

でも、Macで明確にやりたいことあるなら、さっさと中古のMacを買うことをおすすめします。

手に入るか入らないかは偶然の産物というジャンクなMacを探す時間よりも、Macを手に入れてからの時間のほうが大切です。

何かしらの部品が足りていない

本来、ジャンクと言うものは、部品取りという意味です。

ジャンクMacを買って、電源を入れて動けばラッキーという性質のものです。

だから、ジャンク品をレジに持っていくと、店員さんに必ず「ジャンク品なので、返品不可です」と言われます。

でも、ハードオフや秋葉原のジャンクパソコン取り扱いのショップは、ジャンクパソコンそれぞれにポップが貼ってあり、現在の状況が書かれています。

私が手に入れたジャンクなiMacは、「起動確認済み。Macユーティリティは立ち上がります」と書かれ、MacBookProは、「起動確認済み。ハードディスクなし」と書かれています。

このように、電源が入り、OSが起動する前までは、まぁ問題ないことだけはわかります。

でも、これだけなんですよ。

最初に購入したiMacは、メモリー、ハードディスクと電源コードは付いていましたが、インストールディスク、キーボード、マウスは付いてきません。

MacBookPro Retinaは、メモリーはオンボードなのでそのままでしたが、SSDは抜き取られ、ACアダプターもありませんでした。

そのため、ジャンクなMacBookPro Retinaを正常に動かすために、別途ACアダプターとSSDを購入しなければなりません。

ジャンク最高! ハードオフでMacBook Pro Retina Early 2013を3,000円で手に入れた話【Mac歴0年】 | 世の中のつまらないことを記事にしました

購入する前に、自分が手に入れたジャンクなMacBookPro Retinaが、どの品番のACアダプターが適合するのか、どのタイプのSSDが適応するのか調べなくてはなりません。

このようにメモリーやハードディスク、SSDなどの部品が抜き取られているとか、キーボードやマウス、インストールディスク、電源コード、ACアダプターがついていないとかは、ジャンクの世界では当たり前です。

最悪の場合は、基盤不良により途中で電源が落ちるとか液晶ディスプレイが表示されない、割れている、色合いがおかしいなどということもあります。

中古Macに比べて、ジャンクMacの価格はだいぶ安いですが、他の部品を手に入れる必要があったりと、正常に動作させるためにパソコンの知識が必要なだけではなく、手間と時間がかかります。

Macで何かしらの作業をしたいだけなのに、その作業をするために、多くの手間と時間がかかります。

多くの余分な手間と時間をかけるなら、さくっと中古Macを買って、やりたいことをした方がいいですよ。

 

ジャンクなMacBook Pro Retina(Early2013)に専用SSDではなく、変換アダプター+mSATA SSDを組み込んだ手順を紹介します | 世の中のつまらないことを記事にしました

 

MacOSをインストールする手間がかかる

ほとんどのジャンクなMacには、MacOSがインストールされていません。

言うなれば、Mac本体のハードディスクやSSDは、まっさらな状態というわけです。

最初に手に入れたiMacには、インストールディスクが付いていないために、MacOSをインストールのに苦労しました。

2008年に発売されたiMac (Early 2008)は、インターネットリカバリー(インストールディスクを使わずに、インターネット経由でMac OSをインストール出来る機能)には対応していないために、インストールディスクが必要になります。

そのために、Apple Storeで「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」を2,222円で買いました。

このように、年式の古いMacを手に入れるなら、1枚はインストールディスクを持っていないとダメということです。

2台目のMacBookPro Retinaは、内蔵スーパードライブがないので、インストールディスクはもとから付属されていませんので、インストールリカバリーでMacOSをインストールできました。

なので、iMac (Early 2008)に比べると、macOSをインストールするのは簡単です。

でも、自作パソコンを経験していない人が OSをインストールするのは敷居が高いと思うんですよ。

中古Macなら、ショップの人が OSをクリーンインストールしてくれて、電源オンでMacが使えます。

ジャンクで手に入れた10年落ちに「iMac2008」にOS X 10.11 El Capitanをインストール【はじめてのMac体験】 | 世の中のつまらないことを記事にしました

 

 

まとめ

なるべくお金をかけずにMacを手に入れたいとジャンクMacを候補にいれるのはやめたほうがいいです。

手間と時間がかかるだけじゃなく、手に入れたジャンクMacに不具合があり、まともに動かない可能性があります。

ジャンクMacをおすすめできる人は、真っ当に動作させるために、本体を分解し部品を組み込んだり、まっさらなハードディスクにMacOSをインストールすることが楽しめ人だけです。

Macで何かしたいというよりも、システムを構築することに喜びを感じる人ですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする