超小型Win10ゲーム機「GPD WIN2」が予約開始。ゲーム好きなら一度は欲しいデバイスの一つだよね

PKIMGL0403 TP V

Nintendo3DSのサイズ感に近い6インチディスプレイを備えたGPD WIN2の予約受付がされましたね。

超小型Win10ゲーム機「GPD WIN2」8万円台で予約受付中 – 週刊アスキー

シグマリオンやカシオペアなどのWindowsCEを搭載したPDA(Personal Digital Assistant)世代にとって、この手のひらサイズのパソコンは、懐かしさを覚えますよ。

今回予約開始したWindows10を搭載したGPD WIN2のスペックは、

・CPUは、Intel Core m3-7Y30

・グラフィックは、インテル HD グラフィックス615(CPU内蔵)

・ディスプレイは、6インチサイズ・解像度:1280×720ドット

と標準的なスペックのWindowsマシーンです。

価格はズバリ8万5104円とゲーム専用機としておいそれと買える金額ではないですよね。

でも、手のひらサイズのWindowsマシーンと捉えると決して高い価格ではないと思ってしまいます。

20年前に10万円以上出して、WindowsCE搭載のHP・jornada 680を買ったことがある私にとっては、GPD WIN2は夢にまでみたマシーンです。

GPD WIN2がPCゲームマシーンとして納得できる点は、メインメモリーが8GBで128GBのSSDを搭載しているところです。

この容量なら、10GBグラスのPCゲームを10本近くインストールできます。

やはり気になるのが、グラフィックがCPU内蔵のインテルHDグラフィックという点ですね。

ゲーミングノートパソコンに搭載されているGeForce GTX 1050Tiでないと満足にフレームレートが確保できないゲームで遊ばなければ、GDP WIN2のスペックで十分だと思うんですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

スカイリムを動かすのに十分なスペックなはず

私が今だに好きで遊んでいるのが、PC版のスカイリムとフォールアウト3です。

初期のスカイリムは2011年発売、その後DLCを含んだスカイリム スペシャルエディションは2016年に発売されています。

スカイリムは、最近発売されたゲームではないので、MODでバリバリにグラフィックを向上させなければ、スペック的にサクサクと動作するとはずす。

GPD WIN2は解像度が1280×720ドットしかないので、スカイリムのオプション設定で低解像度に設定でき、フレームレートを圧迫させません。

私は、2008年に発売されたiMacにBoot Campを使ってWindows7をインストールをし初期のスカイリムで遊んでいます。

このiMacはCPUがCore 2 Duo、グラフィックはATI Radeon X1600という低性能なスペックですが、スカイリムのオプション設定をLowレベルにすれば、少しカクカクしますが遊べます。

そうなれば、GDP WIN2なら、解像度は1280×720ドットに設定した上で、DetailをHighもしくはUltraでもグリグリ、サクサク動作するかもしれません。

 

ベットに転がってスカイリムが遊べる

手のひらサイズのゲーム機の良い点は、ベットに寝転がってゲームができるところです。

PlayStation4やノートパソコンやデスクトップパソコンでゲームをやる場合は、ディスプレイや液晶テレビの前に座り、「ゲームで遊ぶぞ」という少し気合いの入った状態で遊ぶものですが、Nintendo SwitchやGPD WIN2は、ベットに寝転がってと気楽なスタイルでゲームができるます。

ベットやソファーに寝転がり、GPD WIN2でゲームで遊ぶのとNintendo3DSやVItaのゲームで遊びものとは違いがあります。

失礼ながら、所詮Nintendo3DSやVItaのゲームは手軽に遊べる内容のものが多いですが、PCゲームはスカイリムやフォールアウトシリーズなど、じっくり腰を据えて遊べる本格的なゲームばかりです。

じっくり腰を据えて遊べるゲームが、いつでもどのスタイルでも楽しむことができるのが手のひらサイズのWindowsマシーンのGPD WIN2なんですよ。

 

まとめ

さすがにビジネスや物書きにGPD WIN2を使うのは無理がありますが、PCゲームで遊びにはもってこいのサイズ感です。

四六時中、GPD WIN2を肌身離さず持ち、15分ほど時間ができたらゲームで遊ぶという生活スタイルは、面白いかもしれません。

私の場合は、いつでもどこでもスカイリムの世界に出発するために、GPD WIN2が欲しいと思うわけです。

 

 

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする