iMacを使ってわかった、今度はMacBook Proを外部ディスプレイに接続して使うのがベストなことがわかった

私はiMacとMacBook Proの2台を持っていますが、自宅での作業のほとんどはiMacで終わらせます。

メインパソコンとしての使い勝手は断然にiMacのほうがいいです。

その理由を書いていきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

スペックよりも画面が大きいMacの方がいい

所有しているiMacとMacBook Proのスペックを比べると、結構な差があります。

iMacは2008年の製品と古いモデルで、CPUはCore 2 Duo、メモリーは6GB、ハードディスクモデル。

対してMacBook Proは、2012年Lateモデルで、CPUは2.5GHzデュアルコアIntel Core i5、メモリーは8GBのDDR3、SSD搭載、さらに2,560 x 1,600ピクセルのRetinaディスプレイ。

どこからどう見ても、MacBook Proの方が処理速度も速くストレスなく使えるのに、私はMacBook Proをパソコンディスクの引き出しの中に入れ、ほとんど使っていません。

なぜ、2008年製のiMacと2012年製のMacBook Proを比較して、iMacを使っているのかというと、20インチディスプレイを搭載しているからです。

いくらMacBook ProがRetinaディスプレイで解像度が高いからと言っても、40歳を過ぎ老眼が進行したおじさんには、大きな画面が必要というわけです。

ジャンクで購入したiMacがもし壊れたら、次に買うのもiMacと決めています。

処理速度にストレスを感じるほどじゃなければ、スペックを抑えてまで、ディスプレイサイズが大きいMacを選びます。

ジャンクで手に入れた10年落ちに「iMac2008」にOS X 10.11 El Capitanをインストール【はじめてのMac体験】

MacBook Proに外部モニターディスプレイを接続

そうは言っても、 Core i5を搭載しているMacBook Proをタンスの肥やしにするのはもったいないと思うんですよ。

でも、20インチディスプレイのiMacは捨てがたいと両方を天秤にかけつつ、ずるずるとiMacを使っているわけです。

で、ここで、20型~24型の外部モニターディスプレイにMacBook Proを接続すればいいじゃないかと思い立ったわけです。

だからと言って、3000円でハードオフで買ったMacBook Proに3万も4万もお金をかけたくない。

ジャンク最高! ハードオフでMacBook Pro Retina Early 2013を3,000円で手に入れた話【Mac歴0年】

私のMacBook Proは、2,560 x 1,600ピクセルのRetinaモデルですが、この解像度に対応する外部モニターディスプレイの値段が高い。

アマゾンで調べてみると、2560 x 1,600ピクセル対応のWQXGAモニターディスプレイ価格は、安いものでDELLの25インチで4万円。

貧乏サラリーマンに4万円のお金を算出するのは難しい。

となれば、フルHD(1920×1080ピクセル)対応のモニターディスプレイなら、15000円以下で買えるんですよ。

今のiMacが20インチだから、もう少し画面が多いものが欲しいとなれば、23.8インチのモニターディスプレイかなと。

MacBook Proは、Thunderboltデジタルビデオ出力が搭載されています。

MacBook ProのMini Displayポート(Thunderbolt)からモニターディスプレイのHDMI端子またはD-sub端子またはDVI端子に接続します。

それぞれモニターディスプレイ側の接続端子の形状により、Mini Display-HDMI変換ケーブルといった感じで売っています。

例えば、23.8インチのBenQ モニター ディスプレイ(モデル名:GW2470HL )なら、ミニD-sub15端子とHDMI端子が搭載されています。

手軽さを考えたら、MacBook Proとモニターディスプレイを、Mini Display-HDMI変換ケーブルで接続するのが良さそうです。

私の考えてる環境は、パソコンデスクに23.8インチモニターディスプレイを置き、MacBook Proは画面を閉じた状態で横に置き、操作は、Bluetooth接続のアップルキーボードとマウスで行います。

まとめ

もし、iMacに不満が募り、「こんな遅いMacは使ってられない!」と思ったら、MacBook Proを自宅のメインパソコンにします。

そのためには、MacBook Proを外部モニターディスプレイに接続して使うスタイルにさせます。

MacBook Proはノートパソコンとして使うのではなく、小型軽量のMac mini的な使い方として考えます。

外部モニターディスプレイをMacBook Proに接続して使おうと思いったのは、何と言ってもフルHDのモニターディスプレイの価格が安くなったからですよ。

新品のモニターディスプレイが15000円以下で買える時代になったからです。