メーカー製スリム型パソコン「DELL optiplex 9020」に グラフィックボード「ASUSのGTX750-PHOC-1GD5」を選んだ理由と失敗したこと

ブックオフ・バザーで5980円で買ったジャンクなDELL optiplex 9020をそれなりにパソコンゲームが遊べるようとじゃんぱらで中古のグラフィックボードを買いました。

中途半端なパーツの知識しか持っていなず、結果的に失敗してしまいました。

そう、買ったグラフィックボードがDELL optiplex 9020に取り付けられなかったんですよ。

まず、なぜ、GeForce GTX750搭載のASUS・GTX750-PHOC-1GD5を選んだのか理由を述べています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ASUS・GTX750-PHOC-1GD5を選んだ理由

フルサイズのグラフィッボードは選ばない

DELL optiplex 9020は、メーカー製のスリム型デスクトップなので、その中に入るグラフィックボードのサイズが限定されます。

DELL optiplex 9020のサイズは、29.0 センチ× 9.3センチ × 31.2センチ(高さ×幅×奥行き)しかありませんので、長さ約30センチのフルサイズのグラフィックボードは挿すことは出来ません。

ファンが2個付いているゴツいグラフィックボードではなく、スリム、スモールサイズのデスクトップに収まるほどのサイズ、、、DELL optiplex 9020のPCIーEスロット部分のスペースから20センチ以下の長さのグラフィックボードを選ぶ必要があります。

で、調べていて、フルサイズのグラフィックボードではなく、スリム、スモールサイズのPCケースに収まる大きさのロープロファイル対応のグラフィックボードがあることをわかりました。

ロープロファイルとは、カードの幅を6.4センチまで、長さは12センチまたは16.8センチに制限したものを呼びます。

で、じゃんぱらで買った中古のASUSのGTX750-PHOC-1GD5は、185 mm×115 mm×36 mm(奥行き×幅×高さ)とロープロファイルよりも少し大きなサイズだったのです。

ようは、ロープロファイルの制限を曖昧に記憶していたため、失敗をしてしまったのです。

消費電力が55W前後のグラフィックボードを選ぶ

前記事にも書きましたが、DELL optiplex 9020の電気容量は225Wとあまり大きな消費電力のグラフィックボードは使えません。

DELL optiplex 9020の電源容量を考えて、拡張グラフィックカードを選ぶ必要がある理由 | 世の中のつまらないことを記事にしました

中古またはジャンクのグラフィックボードを狙っているので、5年ほど前に発売されたグラフィックボードのほとんどは消費電力が170W近くの製品が多いので、探すのに苦労しました。

DELL optiplex 9020の電気容量から消費電力55W前後のグラフィックボードを狙うしかありません。

で、じゃんぱらで買った中古のASUSのGTX750-PHOC-1GD5は補助電源が必要がなく最大75Wの消費電力をつかいます。

7ASUSのGTX750-PHOC-1GD5の消費電力が75Wと言うのは、PCI Express×16の電力供給が75Wだからです。

55Wの消費電力は超えていますが、GeForce GTX 750単体の消費電力は55Wなので、ASUSのGTX750-PHOC-1GD5を動作させて電力不足でシステムダウンすることはなさそうです。

ASUS・GTX750-PHOC-1GD5が刺さらなかった理由

ロープロファイルの意味を勘違いしていた

完全に、ロープロファイルの数値制限を忘れていました。

単純に、グラフィックボードの長さが短いものがロープロファイル対応だと思っていたのです。

DELL optiplex 9020の蓋を開けて、GTX750-PHOC-1GD5を刺そうとしてもボードの幅が広く筐体に収まりません。

ロープロファイル対応のボードの幅は、6.4センチまで、対してGTX750-PHOC-1GD5の幅は11.5センチ。収まるわけがありません。

よくよくGTX750-PHOC-1GD5のパッケージを見ても、「ロープロファイル対応」とは書かれていません。

完全なる失敗です。

グラフィックボードのファンが電源ボックスにあたる

じゃんぱらで買った中古のGTX750-PHOC-1GD5がロープロファイル対応だけじゃなく、GTX750-PHOC-1GD5に付いているクーラーがDELL optiplex 9020の電源ボックスに当たってしまいます。

DELL optiplex 9020の高さは、3.6センチとDELL optiplex 9020の電源ボックスとPCI Express×16スロットとの離隔が3センチほどしかありません。

仮にロープロファイル対応じゃないGTX750-PHOC-1GD5をPCI Express×16スロットの刺そうとしても、電源ボックスに当たってしまい刺さりません。

もしかして、ロープロファイル対応のグラフィックスボードを買っても、クーラーが当たってしまうかもしれません。

ようは、DELL optiplex 9020に刺さるグラフィックボードを見つけるのは至難の業だということです。

まとめ

約5年ほど前に発売されたGeForce GTX 750搭載のグラフィックボードですが、最新のゲームをそれなりに楽しめるアッパークラスのグラフィックボードです。

このGTX750-PHOC-1GD5がDELL optiplex 9020に刺さらなかったことにショックを覚えます。

どうにかDELL optiplex 9020に中古で買ったASUSのGTX750-PHOC-1GD5を刺さる方法がないのか調べていきます。