雨の日に自転車通勤するなら断然クロスバイクよりもママチャリがおすすめ、その理由は、

ここ10年近く、数キロ先の駅まで自転車通勤をしています。

晴れの日でも雨の降る日でも自転車で通勤していて思うのが「ママチャリ最高!」ってことです。

以前、マリンのクロスバイクで通勤していたことがありましたが、通勤には少し不便だなと感じる部分が多かったですね。

特に雨の日の通勤には、クロスバイクやロードバイクよりも断然にママチャリが向いています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ママチャリの前かごがナイス

ママチャリの特徴としてハンドルの前にかごがあることです

特に雨が降っている時や帰りに雨模様の時に本領を発揮します。

雨が降っていれば、上下かっば(レインコート)を着て、通勤カバンを前かごに入れ、100円ショップで買った自転車用カバーをかけます。

会社帰りに雨が降る模様だったら、前かごにかっぱ(レインコート)を放り込み、自転車用カバーをかけて、朝、自転車通勤をします。

できるなら、標準でついている前かご以外に後ろのかごをつけた方がさらに便利になります。

通勤靴が濡れてしまうほどの大降りの雨の時は、長靴を履いてママチャリに乗ります。

で、通勤靴は雨に濡れないように、透明なビニール袋に入れ、前かごに放り込み、自転車用カバーをかけます。

通勤鞄は、通勤靴よりも重たいので、後ろのかごに入れておきます。

荷物を持って自転車に乗るのに、まだママチャリは最適です。

このような芸当は、クロスバイクではできません。

スタイリッシュなスタイルと多少スピードの出るクロスバイクに前かごをつけるなんてカッコ悪いですよね。

さらに後付けの前かごは小さくて通勤には向きません。A4サイズの書類やパソコンが入る通勤鞄が入らないんですよね。

雨の日に安心して走れる

以前、マリンのクロスバイクを乗っていたのですが、雨が降る中走るのは少し怖かったですね。

それは、クロスバイクは、前傾姿勢になるので、前方の視野角が狭くなります。

ましてや雨の中、レインコートを着て、フードをかぶるとさらに視野角が狭くなります。

さらにクロスバイクのタイヤは幅が細く、路面との接地面が少なく、摩擦力が小さいので、濡れた路面は、より滑りやすいというわけです。

その点、ママチャリは、背筋が伸びているので視野角は広く、タイヤ幅は広く、路面との接地面も広く、濡れた路面でも滑りにくいのですよ。

ほんと、安心して自転車に乗れるわけです。

多少、乱暴に扱える

当時、通勤に使っていたマリンのクロスバイクは、6万円ほどしたので、雨の中を走るのを躊躇しましたよ。

同様に10万円以上するキャノンデールのクロスバイクを持っている知り合いは、錆びるから雨の日には乗らないと言っています。

雨の日だから、クロスバイクで通勤はしないとなれば、通勤自転車としては失格ではないかと思うんですよ。

その点、ママチャリは安いものであれば15000円で買えます。

安いからといって手入れもせずに乗りっぱなしにしてもかまわないと言う訳じゃなりませんが、車体が濡れるのを気にしたり、汚れるのを気にしたりする必要はママチャリにはありません。

言葉は悪いですが、ママチャリ乱暴に扱っても気にならないのが利点です。

まとめ

雪や台風じゃない限り、自転車通勤している人は、断然にママチャリがおすすめです。

できれば、5段変速以上で、 スポーツタイプのママチャリが快適でいいですよ。

私は、ダイワサイクルオリジナルのBIZ STYLE(ビズスタイル )を乗っています。

ママチャリと言うよりもシティサイクルと分類されていますけどね。