雨が降っているのに傘をさして自転車に乗るよりもレインコートを着た方がメリットがたくさんある

私は毎日、最寄りの駅まで自転車を漕いで通勤しています。

雪や台風以外、雨が降ってもバスには乗りません。

雨の日は、上下セパレートになっているフード付きのレインコートを着て、自転車を漕いでいます。

そんな中、レインコートを来ている私の前を透明なビニール傘をさしながら、自転車を漕いでいる人と結構、すれ違います。

なぜ?雨の中、片手に傘をさしながら、自転車を漕げるんだろうなと思いますよ。

どう見ても、傘をさすよりもレインコートを着たほうが、自転車に乗りやすく、雨に濡れないのに。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

雨の日はレインコートを着たほうが安全

雨の日に傘をさして自転車に乗る人の心理はわかります。

わざわざレインコートを着るよりも、さっと傘を広げて自転車に乗るほうが時間もかからず、面倒じゃないですからね。

でも、傘をさすほうが手軽な反面、デメリットは結構ありますよね。

傘をさして自転車に乗るデメリット

・片手運転になるので、自転車が不安定になり、転倒する危険性がある。

・片手運転になるので、前後のブレーキを同時にかけることができなくなるので、自転車が止まるまでの距離が伸び、人やものにぶつかる危険性がある。

・雨が顔に当たらないように傘を目の前に向けるので、前方が見えにくく、人やものにぶつかる危険性がある。

・直径65センチの傘だけなので、傘がかかっていない下半身が雨に濡れてしまう。

・傘を目の前に向けているので風が抵抗になり、自転車を漕ぐのが大変。

と傘をさして自転車に乗るのはデメリットしかありません。

傘をさして自転車に乗っている人は、そんなことを理解していないのでしょうかね。

レインコートを着て自転車に乗るメリット

傘をさし手軽さに比べて、レインコートを着るのは結構面倒くさい行動ですよ。

家から最寄りの駅の駐輪場までは、家でレインコートを着て自転車に乗ればいいのですが、帰りに駐輪場でレインコートを着るのは面倒くさいなと思いますよ。

さらに帰りに雨予報になっていれば、行きにレインコートを自転車のかごに入れて、駐輪場に向かわなくてはいけないのも面倒だと思う人も多いでしょうね。

ようは、梅雨の時期などは、常にレインコートを携帯していないとダメだということです。それでも傘をさすよりもレインコートを着たほうがメリットがたくさんあります。

・ブレーキの制動距離が伸びる雨の日でも、両手で確実に前後のブレーキをかけることが出来る。

・レインコートを来ている以外は、雨が降っていない時と同じ状態なので、不安定にならずに安定して自転車を漕げる。

・つま先以外、レインコートに覆われているので、雨に濡れることがない。(それなりに雨が降っている時は、通勤靴をかごに入れ、長靴を履いて自転車に乗ります)

ようは、傘をさして自転車に乗るデメリットすべてレインコートを着ていれば解決できてしまうわけです。

まとめ

雨の日に自転車に乗ること自体、不安全行動なんですよ。雨に濡れた地面はタイヤが滑りやすく、かつブレーキが効きづらいわけですから。

それなのに、傘をさして自転車に乗ることは、片手運転となり、ブレーキも片方しかかけられないだけじゃなく、不安定な状態でもあります。

傘をさして自転車に乗るのは危険な行動です。

雨の日に自転車に乗るなら、傘もささずにずぶ濡れになるか、レインコートを着るかのふたつだけです。