3,500円で買える「iBUFFALO 5.1chサラウンドゲーミングヘッドフォン(BSHSUH05BK)」は、コスパだけはいいけど、音質を求めると失望する【レビュー】

ゲームで遊ぶ時間は、会社から帰ってもろもろ用事を済ませた22時以降からです。

22時も過ぎると子どもたちは布団に入って寝てしまうので、音量を小さめにしてゲームをするわけで、どうも臨場感がなく、いまいち没入感が浅くなるんですよね。

ということで、深夜でも家族に迷惑がかからず、ゲームの世界に没頭できるようにゲーミングヘッドフォンを買うことにしました。

ゲーミングヘッドフォンを買う基準は、

・ともかく価格が安いこと(5,000円以下)

・5.1チャンネルもしくは7.1チャンネルサラウンド(バーチャルサラウンドでもOK)、ともかく2チャンネルヘッドフォンでないこと

・オンラインゲームはやらないので、マイクの性能が悪くてもOK

なかなか5,000円という比較的安い価格で、5.1チャンネルサラウンドのヘッドフォンでないんですよね。

だからと言って、5,000円以上の出費はしたくないわけです。

それは、所有しているゲーミングデスクトップパソコンは、約13,000円ほどで半自作したものなので、ゲーミングヘッドフォンに5,000円以上のお金を払いたくないわけです。

というさまざまな条件の中から見つけたのが、iBUFFALO 5.1chサラウンドゲーミングヘッドフォンというわけです。

今回の記事は、ビックカメラで税込み3,500円が買ったiBUFFALO 5.1chサラウンドゲーミングヘッドフォンを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コストパフォーマンスだけは最高!

はっきり言って、iBUFFALO 5.1chサラウンドゲーミングヘッドフォンに音質を求めてはいけません。

ですが、USB接続で、バーチャルサラウンドではなくリアル5.1チャンネル出力するゲーミングヘッドフォンの中で、間違いなくよりiBUFFALO 5.1chサラウンドゲーミングヘッドフォン安い製品はありません。

コストパフォーマンスという観点から見れば、iBUFFALO 5.1chサラウンドゲーミングヘッドフォンはナンバーワンです。

とにかく、価格が安く、オンラインゲームで仲間とともにコミュニケーションを取りながらFPSゲームをしたいなら、iBUFFALO 5.1chサラウンドゲーミングヘッドフォンをおすすめします。

でも、コストパフォーマンス以外のものを求めるなら、iBUFFALO 5.1chサラウンドゲーミングヘッドフォンの対して失望しかありません。

本当に5.1チャンネルサラウンド?と思うほどの音質の悪さ

iBUFFALO 5.1chサラウンドゲーミングヘッドフォンのWindows10用のドライバーをインストールし、バトルフィールド4のシングルプレイをやってみました。

専用アプリで、「エフェクト」欄の「環境」で初期設定の「ノーブランド」から「部屋」に変更し、5.1チャンネル出力に設定しましたが、「これ5.1チャンネルで出力されている?」と思うほどで、サラウンド効果はありますが、左右の音はどうにか判別できますが、上下の音は感じられません。

さらに音はこもった感じで、音の広がりはなく、音質的には1,000円のヘッドフォンよりも悪いかもしれません。

音質を求めてしまうとiBUFFALO 5.1chサラウンドゲーミングヘッドフォンは落第点です。

ふだんは、液晶テレビに接続しているPlayStation4をYAMAHA SR-301 NS-BR301 ホームシアターを通して音を聴いているので、あまりにもiBUFFALO 5.1chサラウンドゲーミングヘッドフォンの音の悪さに、失望しましたよ。

ヘッドフォンの締め付けと重さが気になる

iBUFFALO 5.1chサラウンドゲーミングヘッドフォンを買ったビックカメラは、各メーカーのゲーミングヘッドフォンを実際に手にとって触れ、つけ心地を試すことが出来ます。

Logicoolなどのゲーミングヘッドフォンと比べて明らかに、iBUFFALO 5.1chサラウンドゲーミングヘッドフォンは重いんですよ。

手に持った瞬間に、7,000円以上の価格帯のゲーミングヘッドフォンの軽さに驚くほどです。

さらに、iBUFFALO 5.1chサラウンドゲーミングヘッドフォンの締め付けがきつく、2時間ほどつけていると頭が痛くなり、長時間つけていられません。

重さに関しては、それほど問題はないんですけど、頭の締め付けのほうが問題かもしれません。

SONYのPlayStation4用のワイヤレスサラウンドヘッドセット (CUHJ-15001)も締め付けが厳しく、2時間もたつと頭が痛くなってきます。

PlayStation4用のワイヤレスサラウンドヘッドセット (CUHJ-15001)は価格が1万円前後と思うと、やはりiBUFFALO 5.1chサラウンドゲーミングヘッドフォンのコストパフォーマンスの高さは秀でていますよね。

まとめ

はっきり言って3,500円という値段から見るとiBUFFALO 5.1chサラウンドゲーミングヘッドフォンのコストパフォーマンスは高いと思いますが、音質の悪さに愕然としました。

音質が少しでも良いヘッドフォンを選ぶなら、iBUFFALO 5.1chサラウンドゲーミングヘッドフォンは絶対におすすめできません。

あと4,000円ほどお金を捻出して、Logicoolなどの定評のあるゲーミングヘッドフォンを買うのをおすすめします。