DBPOWERの小型LEDプロジェクターは、3,000円ながら大画面液晶テレビ代わりになるスゴい製品だけど準備に手間が少しかかる【レビュー】

またまたハードオフでジャンク品を買ってきました。

今回、購入したのがAmazonで高評価を得ているDBPOWERの小型LEDプロジェクターです。

Amazonにて7,980円で新品が売っているのに、ジャンク扱いで3,000円で買うのは、少し冒険すぎるかと思いましたが、プロジェクターがこの価格で手に入ることを考えると悪くない買い物と判断しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

DBPOWERの小型LEDプロジェクターが素晴らしい点

ジャンク扱いなので、まず正常に動くかどうかが問題で、すぐにDBPOWERの小型LEDプロジェクターの動作確認をしました。

大画面で動画が映し出される感動

寝室のフローリングに直にDBPOWERの小型LEDプロジェクターを置いて、HDMI端子にクロームブックを接続し、ユーチューブ動画を映してみました。

自宅のメインの液晶テレビは32インチと今にすれば、「画面が小さいね」と子供たちに言われるほどです。

それが、DBPOWERの小型LEDプロジェクターから映し出されたユーチューブ動画の大きさは、「おっ!」と声をあげたくなるほどの映像の大きさです。

映し出す壁とDBPOWERの小型LEDプロジェクターの距離で投写画面サイズは決まります。

約2メートルほどで72インチサイズになり、自宅の液晶テレビの画面サイズの倍になり、子供たちも大喜び。

これで映画を見れば、どれほどの迫力を増すのかが楽しみです。

Amazon FireTV Stickが直にさせる

DBPOWERの小型LEDプロジェクターには、映像入力のHDMI端子と電源供給できるUSB出力端子がついています。

アマゾンカスタマーレビューにも書かれていますが、Amazon FireTV StickをDBPOWERの小型LEDプロジェクターのHDMI端子に差し、、Amazon FireTV Stickの電源供給用のUSBケーブルをACアダプターではなく、DBPOWERの小型LEDプロジェクターのUSB端子に差すことで、しっかりと電源供給されます。

Amazon FireTV StickをDBPOWERの小型LEDプロジェクターのHDMI端子に差すことで、白の壁に投影すれば映画専用のホームシアターになるんですよ。

DBPOWERの小型LEDプロジェクターには一応、台形補正のツマミがついていますが、しょせんは低価格プロジェクターです。

なので、絶対やってほしいのが、映し出す壁に対してまっすぐにDBPOWERの小型LEDプロジェクターを設置すること。

都合よく、 DBPOWERの小型LEDプロジェクターを置くラックや机、棚などがなければ、カメラの三脚を使うことです。

DBPOWERの小型LEDプロジェクターの下部には、三脚をとめるネジがついています。後日、1.5mほどの高さまで伸びる三脚をハードオフのジャンクコーナーで買う予定です。

現在は、液晶テレビが置いたあるラックの上にDBPOWERの小型LEDプロジェクターを設置していますが、映し出す壁までの距離が3mほどで、投影された画面が大きく左隅が本棚にかかってしまっています。

出来れば、DBPOWERの小型LEDプロジェクターと壁までの距離を2mほどにし、投影サイズを72インチにするのが、ベストな状態です。

そのためにも、三脚が必要なんですね。

DBPOWERの小型LEDプロジェクターのスピーカーが聞きやすい

私はそれなりに音質を求めるほうで、せっかく大画面で映し出された映像を、モノラルの音で聞きたくはないですよ。

でも、音質に影響されないイベントで撮った動画や小さな子供が見るアニメ、テレビドラマくらいなら、DBPOWERの小型LEDプロジェクターのスピーカーで十分だと思います。

モノラルスピーカーですが、それなりに音が大きく、音が割れることはありません。

DBPOWERの小型LEDプロジェクターには当然のように3.5mmオーディオ出力がついているので、ここにヘッドフォンを差してひとりで楽しむということも出来ます。

家族で映画を見るなら、3.5mmオーディオ出力に外部2chスピーカーを接続して投影する壁に置くことで、映画館並みのホームシアターになりますよ。

外部スピーカーのコードを引き回したくないので、贅沢を言えば、DBPOWERの小型LEDプロジェクターにBluetoothの機能を付けた欲しかったですね。

ということで、Bluetooth機能のないDBPOWERの小型LEDプロジェクタでも、Bluetoothスピーカーに音が流せるデバイスを手に入れようかと思っています。いわゆるBluetoothトランスミッターという製品ですね。

まとめ

DBPOWERの小型LEDプロジェクターは、軽量で大きさも小さく設置場所にも持ち運ぶにも困らないサイズ感は素晴らしいものを感じます。

私の場合は、ホームシアターとしてDBPOWERの小型LEDプロジェクターを使っていきたいと思います。

でも、今はシステムが構築できていないのでDBPOWERの小型LEDプロジェクターで映画を見るには、さまざまな準備が必要です。

・映し出す壁の時計を外す
・外部スピーカーに接続をする
・DBPOWERの小型LEDプロジェクター本体を所定の場所に移動する
・DBPOWERの小型LEDプロジェクターのフォーカスを合わせる

等、面倒な作業を終わて、はじめて映画を楽しむことが出来るので、手軽にさくっとDBPOWERの小型LEDプロジェクターで映画を楽しむまでには至っていません。

今後は、DBPOWERの小型LEDプロジェクターのシステム構築を見直し、少ない準備で映画を見れるようにしたいですね。

そうじゃないとDBPOWERの小型LEDプロジェクターは置きものになってしまいます。